ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

東北地方太平洋沖地震

発生の瞬間は自宅にいました。揺れは感じました。

その後、現実とは思えない映像を目にした恐怖は、時間が経つにつれて明らかになる事実とともに悲しみとなっていきます。
犠牲となられた方々へお悔やみ申し上げます。
安否が不明な方々の無事を心から祈ります。
e0042386_6113615.jpg

[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-12 23:59 | Others

Perfect Records Perfect Match-Up

e0042386_2193536.jpg
「WBC/WBO世界Sライト級王座統一戦」(2011年1月29日@シルバードーム)
WBC王者:デボン・アレキサンダー(米国)●負傷判定10回1分59秒○WBO王者:ティモシー・ブラッドリー(米国)

“Alexander The Great”デボン・アレキサンダー、21戦全勝(13KO)、23歳。
“Desert Storm”ブラッドリー、26戦(11KO)1NC、27歳。
中量級を代表する米国人王者による注目の無敗対決。共に3度目の防衛戦を兼ねた王座統一戦はミシガン州ポンティアックで決行された。
3回にバッティングで右瞼をカットしたアレキサンダーが10回に再びバッティングで左目付近を痛打。試合続行不可能と判断され、負傷判定でブラッドリーが王座を統一した。スコアは97対93、96対95、98対93で3者ともブラッドリー。

サウスポーながらジャブを多発するアレキサンダー大王。ペース支配に加えて狙いすました右アッパーを入れ続けたファン・ウランゴ(コロンビア)とのV1戦(8回1分12秒TKO勝ち、2010年3月6日@モヒガンサンカジノ)は出色のデキだった。
しかしながら、この試合では攻撃の起点となる右ジャブがあまり機能しない。身長、フットワーク、リズム感では相手を上回るものの、軸のぶれないブラッドリーの左ジャブの方がむしろ当たる。

対サウスポーでも難なくリードを突くブラッドリーは、ジャブから右フックに繋げる際に必ず距離を詰める。スウェーで右フックを外されようと懐に入り、相手の上体を起こす。圧倒的に有利な体勢をつくったところで、回転の速いショート連打を飛ばす。

ブラッドリーのプレスに押され気味のアレキサンダーは3回のカットも重なりバックステップ、クリンチの頻度が増える。中盤、シャープな左カウンターで挽回に出るが、重心が後ろに残り気味でタフなブラッドリーには通じない。

終始ペースを支配したブラッドリーの明白な勝利だが、得意とするショートレンジでの連打にしてもパンチの精度、威力は物足りない。両者通じてダメージングブローはほとんどなく、バッティングによる結末といい、期待された好試合とはならなかった。
[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-11 02:44 | Box

Ron Herman 神戸

「Ron Herman」国内3店目となる神戸店が今週末3月12日オープンです。夜中も内装工事が進められていました。
この辺りは毎日のように通るので近々、覗いてみようかとも思います。オープン記念限定品は欲しいものがありません。
e0042386_20374268.jpg

[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-10 20:39 | Fashion

ヱビス×BEAMS

「シルクヱビス×BEAMS」です。
e0042386_20332915.jpg

[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-09 23:59 | Food

判断と決断

早稲田ラグビー前監督・中竹竜二氏の本「判断と決断 不完全な僕らがリーダーであるために」が出ていたので読んでみました。

在任4年間で2度優勝、大学レベルでは僅か4敗しかしていないのにラストシーズン(09年度)の結果が全然だったため監督としての評価も地に堕ちた感のある中竹氏。しかし退任後の10年度、タレント揃いのメンバーで臨みながら後任者も「荒ぶる」を逃してしまうという結果になったことで、選手権2連覇監督の説得力も少しは戻ってきたというところでしょうか。
監督時代のエピソードが随所に出てきますが、登場人物はなぜか仮名。もっとも、少しでも早稲田ラグビーに興味のある人なら誰のことなのか考えるまでもなく判ります。いわゆるビジネス書であって、中間管理職とかが読むには良いと思いますが、早稲田ラグビーものとしては期待してはいけません。早稲田ラグビー弱体化の一因を紐解くヒントがあるような気がしないでもないですが。
e0042386_5113350.jpg

[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-08 23:59 | Rugby

2011J開幕

Jリーグが開幕しました。
トリニータは話にならないので、今季も名古屋とセレッソを応援することになります。
開幕節は大阪ダービー@万博(ガンバ2−1セレッソ)のみテレビ観戦しましたが、GK以外のポジションはすべてガンバが上というような試合でした。3位躍進の昨年もそうですが、好結果を残したシーズンであっても、セレッソのスタートダッシュの失敗はお約束といったところです。ただ、今季は非常に負担の大きいACLという日程もこなさなければならないだけに例年とは異なる不安を覚えます。戦力的には昨季との比較として分かりやすいトップ下の家長→倉田秋よりも、ボランチのアマラウ→中後というスケールダウンが気になります。早いところ1勝して落ち着いてほしいところです。
e0042386_48779.jpg
それでは順位予想です。
1 名古屋
2 鹿島
3 G大阪
4 川崎
5 広島
6 横浜FM
7 新潟
8 C大阪
9 浦和
10 仙台
11 磐田
12 大宮
13 甲府
14 柏
15 清水
16 山形
17 神戸
18 福岡
[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-07 23:59 | Football

錬金覇者の宴が始まる。最後に笑うのは鍛錬の雄。

e0042386_76562.jpg
「G1・第64回日本選手権競輪」(2011年3月6日@名古屋競輪場)
車番 選  手  所属  脚質
1  山口幸二  岐阜  追込
2  兵藤一也  群馬  追込
3  村上義弘  京都  逃捲
4  長塚智広  茨城  捲逃
5  鈴木謙太郎 福島  逃捲
6  山内卓也  愛知  追捲
7  市田佳寿浩 福井  捲追
8  太田真一  埼玉  追捲
9  松岡貴久  熊本  捲追
想定周回:428・731・56・9

ロケットダッシュを武器に、アテネ五輪で銀メダルを獲得した長塚先生。
静止状態から250メートルを走らせたら世界一とも言われるが、タイムを競うわけでもなく静止状態にもならない本業の競輪では未だ無冠。
ところが、政界転身を狙った09年茨城県知事選、10年参院選(茨城選挙区)での落選を経て迎えた11年、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に合格するとともに、本業でも謎の爆発を起こしている。今回の名古屋ダービーでも圧巻の3連勝。初タイトルに王手をかけた。現在、最も強い選手ということらしい。

準決勝では3レースとも本線が崩れ、決勝は鈴木の先行一車。こうなれば長塚の一気捲りで決まりだ。
抵抗するのは近畿勢。前回りを志願した市田は先行争いはできないので中団死守からの早仕掛けだろう。市田に乗る村上と長塚先生の一騎打ち。ヤマコウや兵藤は付いていけない。外を踏む松岡よりも大穴は太田の内突き。
4−3、4−8
[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-06 07:25 | Keirin

山中vs岩佐

e0042386_21434657.jpg
「日本バンタム級タイトルマッチ」(2011年3月5日@後楽園ホール)
王者:山中慎介(帝拳)○TKO10回1分28秒●同級1位:岩佐亮佑(セレス)

今春のチャンピオンカーニバルの目玉カードは、期待以上の好試合となり、王者・山中慎介が最終回ストップ勝ち。“Eagle Eye”岩佐亮佑との無敗対決を制し、初防衛に成功した山中はこれで8連続KO勝利。世界初挑戦へ秒読みに入った。

両者とも身長170センチのサウスポー。仕留めの精度は共に高いが、それが硬質の左ストレートに集約される山中に対し、スピードに恵まれトリッキーな動きもできる岩佐の方が戦術の幅は広いように見える。
しかし、この試合では両者の「経験」が勝敗を左右した。数字上のプロキャリアではない。「サウスポー対サウスポー」の経験である。
岩佐は今回がプロ初のサウスポーとの対戦。これまで自らが優位性としてきたものに対峙しなければならない。サウスポーの特異性を知り尽くしたような師、元WBA世界Sフライ級王者・小林昭司(セレス小林)会長の指導の下、対策は施してきただろうが、実際のところ、山中クラスの相手を練習段階で用意することは簡単ではない。
一方で王者陣営。ジム内を見渡しただけで西岡利晃、粟生隆寛、下田昭文というサウスポーの世界王者3人。環境の違いは言うまでもない。

「左対左」ということで挑戦者は右リードを重視したように見えた。その成果は右の突き合いを有利に進め、左クロスを当てまくった序盤の優勢として表れたが、同時にポジションの固定、サイドへの動きを制限することにも繋がった。
これは縦の動きで勝負する山中にも不都合ではなく、このエリアなら引き出しの数でも負けていない。序盤のピンチを乗り切ると左ストレートを長短上下に打ち分け、挑戦者にダメージを重ねる。右ジャブに限らず、1発目のパンチからできるだけ当てようとする挑戦者と、1発目はミスブローでもいいという王者の意識の違いは望まざるも両者の距離を縮めることになり、ペースは山中に傾いていった。
それにしても、3回までの岩佐は一気に倒し切ってしまうのではと思えたほどのパフォーマンスだったが。

山中は南京都高3年時の00年、とやま国体フェザー級少年の部で優勝。準決勝では習志野高1年だった粟生隆寛にポイント勝ちしている。その後の主要大会を総ナメして史上初の「高校6冠」となる粟生に高校段階で最後に土をつけた選手だ。岩佐は習志野高で粟生の5学年後輩。高校時代は3冠を獲得している。
両者を繋ぐその存在。リングサイドで観戦していた粟生は決着後、エプロンサイドに駆け上がって泣きそうな顔で勝者と歓喜の抱擁を交わしていた。

リング上での勝利者インタビュー。
「1位の、最強の岩佐君とやったんで、まあ自分の中では日本で敵がいないと思っているんで、もう本当世界戦やりたいです。できればまあ亀田君とやりたいですけどね」
山中vs岩佐。勝者の次戦と、敗者の未来に注目だ。
e0042386_6271872.jpg

[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-05 23:59 | Box

eYeバッグ

e0042386_3511359.jpg
今季のeYe JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MANのエコバッグ。ブラック、ブルー、ピンクの3色展開。
JUNYAでは有り得ないくらいの安さということで、夏場の通勤かばんとして黒を買ってみました。
[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-04 03:50 | Fashion

沖縄メロン

沖縄黒糖メロンパンを食べました。
e0042386_335483.jpg

[PR]
# by the_leaping_hare | 2011-03-03 23:59 | Food