ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

アレクシス・アルゲリョ死去

時事ドッドコムより
「アレクシス・アルゲリョ氏死去」
アレクシス・アルゲリョ氏(ニカラグアの元ボクシング世界王者、首都マナグア市長)
地元メディアによると1日未明にマナグアの自宅で死去、57歳。死因は不明だが自殺とみられる。
52年、マナグア生まれ。74年に世界フェザー級のタイトルを獲得し、ニカラグア初の世界王者に。その後3階級制覇を達成した。引退後は政界で活動し、08年に与党サンディニスタ民族解放戦線からマナグア市長選に出馬、当選した。(サンパウロ時事)
(2009/07/02-00:18)

あまりのショックに言葉もありません。
“リングの貴公子”ことアルゲリョが拳銃自殺との報。
リアルタイムでそのスタイリッシュなボクシングに痺れた世代ではありませんが、おれにとっても神のような存在でした。

01年2月17日、両国国技館での「WBA世界ライト級タイトルマッチ」王者:畑山隆則(横浜光)vs挑戦者3位:リック吉村(石川/米国)戦において、アルゲリョはジャッジとして来日。114−114のドローというスコアを残しています。
諸事情でこの時期、実家に帰っていたおれはこの試合は泣く泣くテレビ観戦。会場観戦だったら間違いなくリングサイドに突撃してアルゲリョにサインを求めていたことでしょう。今になっても悔やまれます。

アルゲリョが切り拓き、現在に続くニカラグアのボクシング。
その先頭に立つWBA世界ミニマム級王者ローマン・ゴンサレスが今月、神戸のリングに立ちます。歴史と誇り、そして悲しみを背負って。

アレクシス・アルゲリョ氏の御冥福をお祈りいたします。
e0042386_334938.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-07-02 03:37 | Box
<< 角海老 ピノ茶 >>