ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

BOXING BEAT

今年5月発売の6月号を最後に休刊した「ワールド」こと「ボクシング・ワールド」が版元をフィットネススポーツに替え、アイアンマン増刊号「ボクシング・ビート」として復刊しました。復活はないだろうと思っていただけに先月下旬、この話を聞いた時は驚いたと同時にうれしく思ったものです。
早速、15日発売(いきなり発売時期悪い!トリプル世界戦の結果が入らず)の復活号を入手しました。表紙はマニー・パッキャオ。内容、分量、ページ構成、コラムなどの連載もボクワー時代と大きな変化なく、これまでの読者にとって、とりあえずはひと安心。ただ、驚いたり感心するほどのインパクトのある改新を行えるチャンスだったことを考えると、期待外れの一面も残ります。世界ランキングの掲載が団体別ではなく、階級別となりましたが、これはどうですかねえ。まあ、おれはどちらかというとワールド支持派なので、一度廃刊になった事実をしっかり受け止め、決して帝拳の機関誌などにはならず、おもしろい雑誌をつくり続けてほしいと願っています。「ボクビー」のこれからに期待します。
e0042386_1632633.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-07-16 16:35 | Box
<< WBP9 V9戦士 絶対王者 >>