ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

WBC Diamond Championship

「WBO世界ウェルター級タイトルマッチ」(2009年11月14日@MGMグランド)
王者:ミゲール・コット(プエルトリコ)vs1位:マニー・パッキャオ(比国)
e0042386_8352239.jpg
ゴングまであと4時間くらいでしょうか。
すごく楽しみで、今日はこのメガファイトに集中するため休日にしました。WOWOWが193chでしか生中継しないというのは不愉快極まりないですが。WOWOWのデジタルってワンスコピーなんで嫌なんですよね。そもそも開局時からWOWOWを支えてきたのはアナログ視聴者なわけで、その中のボクシングファンのことをどう考えているのかと腹立たしい限りです。

注目のウェイト(この試合はWBOウェルター級王座が賭けられるが、リミットは規定の147ポンドを下回る145ポンド契約)は、コットが145lbs、パッキャオは144lbs。パッキャオはデ・ラ・ホーヤ戦(142lbs)を超えて過去最重量での試合となります。
試合予想としてはパッキャオの判定勝ちとしておきます。
なお、WBCが新設したダイヤモンドチャンピオンシップの初めての試合でもあります。正規王座を賭けずにキャッチウェイトでの勝者に授与されるWBCダイヤモンドベルトは、18カラットゴールド、ダイヤ861個、エメラルド221個、ルビー6個、スワロフスキー180個が埋め込まれているというとんでもないものです。
e0042386_8505974.jpg
e0042386_8511381.jpg
e0042386_8512929.jpg
e0042386_8514394.jpg
e0042386_8515950.jpg
e0042386_8522561.jpg
e0042386_8523810.jpg
e0042386_8525110.jpg
e0042386_853633.jpg
e0042386_8531843.jpg
e0042386_854174.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-11-15 09:01 | Box
<< FIREPOWER 2009西軍代表決定戦 >>