ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

競輪祭再び

「G1・第51回競輪祭・決勝」(2009年11月23日@北九州メディアドーム)
優勝:2 平原康多 (埼玉・87期) 差し 11秒5
2着:1 海老根慶太(千葉・86期) 捲り 1/2輪
3着:4 坂本亮馬 (福岡・90期)    1車

2車単2−1 2,900円(11番人気)
e0042386_2392969.jpg
一瞬、あるかなと考えたんですよ。何がって、平原がシンペイを飛ばすかもしれないということ。浅井が死に駆けで、永井の番手捲りとなれば、優勝に一番近い位置ですからね。ただ、競り負ければ9着に沈むリスクがある。それならば、海老根の捲り追い込みをアシストすることになっても、中部分断に出るとしたら永井の位置を狙うだろうと考えるわけですな、普通は。実際のところ、番手飛び付きを基本に踏んだのでしょうが、シンペイとの競りになっても退かない姿勢は立派でした。競り負けたシンペイは置かれた状況も考えると、マーク選手として情けな過ぎますが。
それにしても見事な勝利です。武田、神山が勝ち上がり段階で消えてくれたから決行できた戦略でしょうが、すばらしい優勝です。車券は外れましたが。

おれは過去に一度だけ、卒業記念を観るために伊豆修善寺の競輪学校に行ったことがあります。87期でした。逸材豊富な86、88期に挟まれ、在校1位は荒木伸哉、卒記チャンプは藤川浩平という冴えない87期ですが、それなりに思い入れがあり、応援もしています。02年夏のデビューから7年。87期から競輪界の頂点に立とうとする選手が現れました。
グランプリもがんばれ、平原。
と、言いたいことろですが、GPでは武田豊樹、神山雄一郎のために“最後の”死に駆けを敢行するように思います。根拠なんてありませんが、そんな気がします。
グランプリ出場選手確定しました。

「KEIRINグランプリ09」(2009年12月30日@東京オーヴァル京王閣)
山崎芳仁(福島・88期)  小倉競輪祭(1月)、大垣全日本選抜優勝
武田豊樹(茨城・88期)  岸和田日本選手権、松山オールスター優勝
平原康多(埼玉・87期)  びわこ高松宮記念杯、小倉競輪祭(11月)優勝
海老根恵太(千葉・86期) 青森寬仁親王牌優勝
伏見俊昭(福島・75期)  獲得賞金第4位
神山雄一郎(栃木・61期) 獲得賞金第6位
加藤慎平(岐阜・81期)  獲得賞金第7位
石丸寛之(岡山・75期)  獲得賞金第8位
永井清史(岐阜・88期)  獲得賞金第9位

予想周回は平原−武田−神山、海老根、山崎−伏見、永井−加藤、石丸です。
正式に決定してから検討に入ります。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-11-24 03:20 | Keirin
<< 竹林 初心を貫き 己に勝て >>