ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

第56回全日本新人王決勝

e0042386_1583555.jpg
「第56回全日本新人王決勝戦」(2009年12月20日@後楽園ホール)
◆ミニマム級5回戦 三田村拓也(WS)○判定3−0●福原辰弥(本田F)
◆Lフライ級5回戦 前田健太(角海老宝石)●判定1−2○知念勇樹(琉球)
◆フライ級5回戦 時松友二(熊谷コサカ)●判定0−2○佐々木章人(緑)
◆Sフライ級5回戦 野崎雅光(八王子中屋)○判定3−0●川口勝太(オール)
◆バンタム級5回戦 森島勇治(大橋)●判定0−3○坂本英生(フジタ)
◆Sバンタム級5回戦 鳥本大志(角海老宝石)○判定3−0●赤塚隆史(KOZO)
◆フェザー級5回戦 緒方勇樹(角海老宝石)○判定3−0●古川雅也(緑)
◆Sフェザー級5回戦 石川昇吾(新日本木村)●判定1−2○吉田恭輔(福岡帝拳)
◆ライト級5回戦 今井信成(ワタナベ)■不戦勝□鈴木悠平(真正)
◆Sライト級4回戦 菊地祐輔(新日本仙台)○TKO3回1分46秒●竹内則雄(大一SK)
◆ウェルター級5回戦 新藤寛之(宮田)○判定2−0●長島謙吾(尼崎)
◆ミドル級5回戦 胡朋宏(横浜光)○TKO1回2分49秒●下野喜道(西日本協会)

MVP:胡朋宏、技能賞:菊地祐輔、敢闘賞:知念勇樹
e0042386_1591056.jpg
試合は見ていないので結果だけ。
今年は7勝5敗で東軍の勝利。通算成績は東軍の46勝5敗5分けとなりました。
勝ち越しまではいかなかったものの、近年の低迷ぶりを考えると西軍は健闘したと思います。ただ、西日本勢は奮起が求められます。
それにしても新人王戦は判定が多くなりましたね。今年から開始時間が15時に前倒しになったから良かったものの、例年通りならかなり遅い時間の終了になっていたのではないでしょうか。多くのスポーツ紙がMVPの胡よりも敢闘賞の知念を取り上げているのは、新聞社の締め切りが降雪のためかなり繰り上がっているこの時期だけに、降版時間の関係からだと思われます。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-12-21 15:13 | Box
<< 拳闘成り上がり伝説 ソニーのブルーレイ >>