ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

早稲田、年を越せず

「大学選手権・2回戦、早稲田20−31帝京」(2009年12月27日@秩父宮)

早稲田、三連覇ならず。
勝つのは厳しいだろうと思っていたけれど、実際、国立にも進めないことが確定してしまうと残念で仕方ない。97年、変な白いジャージで臨み、大畑大介のいた京産大にボコボコにされた花園での2回戦ほどではないにしろショッキングな敗戦だ。これでおれの正月の予定も狂った。後半、最初のトライの瞬間には勝ったと思ったけどね。
帝京は早々と司令塔が壊れてしまったことで、FWで勝負せざるを得なくなり、これが結果的に奏功した。早稲田は苦しい展開の中で一時はリードを奪いながら、訳のわからない選手交代を繰り返して自滅。うーん、東海vs帝京という悪夢のような決勝カードも現実味を帯びてきた。観衆1万数千人、地上波視聴率1パーセント台という注目度だろうか。

しかし、今年の早稲田には共感するものもなかった。帝京戦でも明らかなように4年生が頼りなさ過ぎる。このチームが平尾、大八木の同志社の三連覇に並ぶというのは早稲田のファンであっても少々納得しかねるものがあるね。来季の爆発に期待します。
e0042386_17152289.jpg
e0042386_17153931.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-12-28 17:18 | Others
<< 桜井幸子電撃引退 グランプリ >>