ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

村上兄弟

「G1・第63回日本選手権競輪・決勝」(2010年3月7日@松戸競輪場)
優勝:5 村上博幸 (京都・86期) 差し 9秒9
2着:1 村上義弘 (京都・73期) 逃げ 3/4輪
3着:7 山口幸二 (岐阜・62期)    1/2車

2車単5−1  1,510円(3番人気)
e0042386_6555169.jpg
前受けの山崎を坂本リョウマが叩いて打鐘でスローペース。直線はないに等しい先行有利の松戸燦々バンクで、村上兄が逃げる。あっさり主導権を握り、中部が続く。無策のリョウマはやや遅れて5番手。山崎絶望の7番手の一本棒の展開。3番手のシンペイは2センターから外を踏むが、脚力不足。坂本リョウマ、山崎は出番なし。村上兄の偉大さを改めて感じると同時に、その他のライン先頭選手には呆れてしまう。
真冬のような寒気に包まれた雨の松戸の感動のフィナーレは、番手絶好の村上弟が直線差し込んでG1初制覇。悲願の兄弟タイトルホルダー誕生はワンツーで成し遂げられた。村上弟は初のグランプリ切符を一番乗りで獲得した。おれは裏目の1−5しか持っていなくて的中しなかったけど、この結果なら文句ない。おめでとう、村上。

ここ数年、G1くらいしか競輪中継を見ることがないため、江藤みきキャスターを久々に見た。なんか年とったねえ。進行はうまいし「G1での兄弟ワンツーは76年前橋オールスターでの藤巻兄弟以来2度目のことです」などとさらっと紹介するあたりは気が利いているのだが。
しかしBS日テレは、勝利者インタビューを入れるという発想はないのかね。5分ぐらい発走を早めたところで売り上げは変わらんだろうに。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-03-08 07:24 | Keirin
<< 雨茶 熱き魂は 限界を超える >>