ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

湖面に映えるのは青龍、白虎。いざ、青雲の彼方へ。

e0042386_575071.jpg
「G1・第61回高松宮記念杯競輪・決勝」(2010年6月6日@大津びわこ競輪場)
車番 選  手  所属  脚質
1  武田豊樹  茨城  逃
2  山口幸二  岐阜  追
3  神山雄一郎 栃木  追
4  兵藤一也  群馬  追
5  渡邉一成  福島  逃
6  新田祐大  福島  逃
7  渡邉晴智  静岡  追
8  諸橋 愛  新潟  追
9  平原康多  埼玉  逃
想定周回:2・19348・567

鳩山内閣のフィナーレともいえる事業仕分け第二弾でメスを入れられた競輪。正確にいえば、経済産業省所管のJKAによる競輪補助事業ですが、1948年の競輪発足以来、機械工業振興補助事業と公益事業振興補助事業で約1兆7000億円をばら撒き、現在でもJKAは約220億円の内部留保があるようです。天下りを助長しているなどの指摘はさておき、まがりなりにも戦後日本経済復興の一端を競輪が担ってきたと言い張ることには、勤勉な低所得納税者が口出しできるものでもないかと。
ここにきてJKAは変革に向かうアピールなのか、6月30日からまたも意味不明なルール変更を発表。着実に消滅への道を歩んでいます。

そのような未来のない状況下で宮杯は開催。話題性もなければ、明るい材料は皆無。売り上げ目標を133億円に一応設定、本音は110億円として、その結果次第ではびわこ競輪の廃止も囁かれています。
今年、快進撃が続いていた近畿勢は全滅。決勝メンバーに関東5人というだけでなく、東日本から8人が占めました。武田豊樹を先頭に(これは意外)結束します。本来なら分断に孤軍奮闘する役割を担う西日本唯一のファイナリストがヤマコウというのでは話になりません。ただ、武田と平原の並びが逆なら話は別ですが、この並びでは関東でも勝負し難い(オッズ次第ではあるが)。配当も期待するなら一度は仕掛けるであろう新田に乗る渡邉一成からになりますか。
5=7、5−9、5−4
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-06 05:08 | Keirin
<< 白熊チロル TMT >>