ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

岡田ジャパン大勝利

「Match10・E組・日本1−0カメルーン」(2010年6月14日@フリー・ステート)
e0042386_685847.jpg
岡田ジャパン、やりました!低評価にもじっと耐えてカメルーン撃破です。

4連敗した直近の強化試合と基本的な戦い方は同じ。松井→本田の欧州ラインによるゴールシーンはこの試合で日本のほとんど唯一の決定機だった。これを決めたから完勝のように言われるだけで、もし外してスコアレスドローで終わっていたなら、勝ち点「1」を評価する声よりも批判の方が大きかったはず。

ディフェンスでの数的優位をつくってボールを奪い、カウンター。起用する選手こそ土壇場でやや変わってしまったが、第二次岡田ジャパンがやろうとしているサッカーに変化はない。親善試合では見ていてまったくおもしろくないが、1点の持つ重みがケタ違いの“本番”では楽しめる。今回、価値があるのは狙い通りに相手を0点に抑えたこと。言ってみれば「0対0でいい」つもりだったわけで、1得点はうまくいきすぎたとか幸運だったと思うべきものだろう。

風向きはいい。内紛を抱えるカメルーンと初戦で当たった組み合わせも有利に働いた。あとは最終戦のデンマークに勝つことに集中すればいいのだから。
ゴールを決めた選手が日本代表の中では知名度のある本田ということで次戦以降、それなりに警戒されるだろうが、この選手をトップに置く場合、それなりにマークを引き連れてくれた方が“崩し”を担う松井、大久保にとっては都合がいい。“お騒がせ男”闘莉王が余計なことをせず、守備に徹したことも日本のためになった。
岡田ジャパン、負けると思っていましたが、この試合に勝った場合はグループステージを突破するとも見ていただけに、一気に楽観モードです。

開幕2日目、ポートエリザベスでの韓国戦の空席の多さを見て不人気ぶりを憐れんでみたところ、日本戦の方が観衆(30,620人)が少なくてちょっとショック。
リアルタイムでは某所でアナログ放送を見ていて問題なかったのですが、帰宅後、録画していた地デジ版を再生してみたところ、本田の勝利インタビュー直後から音声が途切れていた。録画機器が壊れたのかと一瞬焦ったが、どうも放送事故らしい。まだ岡ちゃんと本田のインタビューが拾えていたから良かったものの、NHKでは担当者の責任問題に発展するのでは?

「Match9・E組・オランダ2−0デンマーク」(2010年6月14日@サッカー・シティ)
これも日本にとって歓迎すべきスコア。次、カメルーンVSデンマークが引き分けてくれれば、なお良し。
「Match11・F組・イタリア1−1パラグアイ」(2010年6月14日@グリーン・ポイント)
イタリアは若手がまったくいませんね。グループ分けには恵まれましたが、連覇は無理でしょう。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-15 08:14 | Football
<< 無敵艦隊 JABULANI >>