ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

青と白

「Match27・F組・スロバキア0−2パラグアイ」(2010年6月20日@フリー・ステイト)
初戦の反省を踏まえて、追加点をしっかり決めて完勝。パラグアイの1位通過は堅そうですね。
どこまでも気の早い話ですが、日本としてはイタリアと当たる方がやりやすいんですけどね。

「Match28・F組・イタリア1−1NZ」(2010年6月20日@ムボンベラ)
オールホワイツに先制を許し、PKで追いつくのが精一杯という大失態のアズーリ。3戦目のスロバキアに負けることはないだろうから大丈夫とは思うが、前回覇者に1次リーグ敗退の可能性が出てきた。
94年米国大会ではリーグ敗退の崖っぷちに立たされながら見事に復活したが、今回はロベルト・バッジォのようなすべてを託せるエースはおらず、停滞ムードを一変させるようなラッキーボーイも見当たらない。代名詞の堅守も、衰えの著しいカンナバーロを筆頭に極めて平凡で明るい材料はない。
e0042386_1220773.jpg
「Match29・G組・ブラジル3−1コートジボワール」(2010年6月20日@サッカー・シティ)
前日の「カメルーンVSデンマーク」の終盤も眠くて仕方なかったが、今回は前半で寝た。試合がつまらなかったのではなく、勝敗が見えたから。
ブラジルが圧勝。2試合連続失点はいただけないが、攻撃の多彩さ、シュート精度の高さは別格。ここでのカカの退場、出場停止は特に問題視することもないでしょう。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-21 12:22 | Football
<< ポルトガル7発 サムライ・ブルー・ソーダ >>