ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

岡田ジャパン終戦

e0042386_894643.jpg
e0042386_895552.jpg
e0042386_814028.jpg
e0042386_851167.jpg
不安定な梅雨空を朧げな朝焼けが染める中、静寂を取り戻した街を歩いて先程、帰宅しました。
悔しさはもちろんありますが、納得の結末。緊張と熱狂の4試合。日本の誇りを背負って戦い抜いた岡田ジャパンに感謝です。

「Match55・1回戦・パラグアイ0(5PK3)0日本」(2010年6月29日@ロフタス・バースフェルド)
交代カードを切ることを限界まで遅らせたのはPK戦を見据えたからだと思ったが、どうも違ったようだ。
岡田監督がキッカーに選んだ4人は、大会直前になってようやく定まった不動のスターティング・イレブンばかり。これはもう心中です。信じることのできるメンバーがいた(5人目は闘莉王?)。日本の散り際としてはこれで良かったと思う。
1点ビハインドとなった日本の4人目。過去の歴史を重ねると、チームの躍進を支えてきた中心選手のキックが外れて終戦という流れになると思った。それを、あの場面で顔色ひとつ変えることなくド真ん中に堂々と転がした本田圭佑に日本代表の明日を見た。
4年後、ブラジルに向かって。覚えた屈辱と得た自信。ここからまた始まります。

「Match56・1回戦・スペイン1−0ポルトガル」(2010年6月29日@グリーン・ポイント)
隣国同士のプライドを懸けた一戦。90分を通じて1点しか入っていないが「パラグアイVS日本」とはまったく毛色の違う試合。
スペインの脆さは依然として残されたままだが、ゾーンディフェンスに難がある上に日本との120分フルタイム耐久戦で消耗し尽くしているパラグアイは相性のいい相手か。

これでQF4試合が確定した。
4強入りは堅い順にブラジル、ウルグアイ、スペイン、ドイツと予想する。ただ、南米の4強独占が実現したところで驚きはない。
個人的には応援しているチームで勝ち残っているのはアルゼンチンだけになってしまった。もうメッシとマラドーナに全力で声援を送ります。
e0042386_8143382.jpg
e0042386_8144368.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-06-30 08:19 | Football
<< 岡田ケイスケ首相 若年寄吠える >>