ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

南米全滅

そういうわけで南米勢全滅。
史上8カ国目のチャンピオンが生まれることが決まりました。

「Match61・準決勝・ウルグアイ2−3オランダ」(2010年7月6日@グリーン・ポイント)
ハゲがやたらと多いことは関係ないかもしれないが、今回のオランダは現実しか見ていない。理想を追って敗北の美学に浸る伝統とは無縁に感じる。しかし、このようなオランダはオランダらしくないというか好きにはなれんね。

“キャプテン・ジオ”の先制ロングはミラクル。キャリアを通じて一度決まるかどうかという一発をここで決めるとは畏れ入りました。そして警戒されている中で決めてしまうフォルランの同点ゴールも見事。前半は1対1。

勝負を決めたスナイデルのゴールはオフサイドだと思う。ファン・ペルシーのあれは空振りでプレー関与と見なされるべき。今大会のオランダは組み合わせも含めて恵まれている感もある。
その後、若年寄の閃光ヘッド。1点を許した後半ロスタイムにはファン・ボメルがわざと警告を受けるなど嫌らしさばかりが目立つ戦いぶりで32年ぶりに準決勝を突破した。

「Match62・準決勝・ドイツ0−1スペイン」(2010年7月7日@モーゼス・マビダ)
スペインは不調のトーレスに代わってペドロ。
デル・ボスケはチームを“(劣化版)バルサ”にすることを決断したようだ。まあ、正しい判断と言えるかも。立ち上がりからポゼッションで圧倒。ただ、ドイツの守備もコンパクトかつ隙がないので仕方なく右サイドのラモスに流してクロスを入れるが、当然ながら制空権はない。
ドイツは守備を固めてカウンター狙い。しかしミュラーの出場停止が響き、ここ2戦冴えまくった速攻にスピードとバリエーションがない。

後半になってもスペインが押し込む展開は変わらず。だからといって得点に繋がらないのもこれまた同じ。ならばセットプレーとバルサの“象徴”プジョル登場。シャビの左CKを後方から豪快に飛び込んで頭で決めた。
その後はドイツが出て、スペインがカウンターを狙う逆の展開。スペインはこの局面で活きるトーレスを投入して追加点間違いなしの場面をつくったが、なぜかペドロがトーレスにパスを出さずに潰してしまった。
しかしながらドイツの攻撃も最後まで沈黙したまま。スペインが初のファイナル進出を決めた。

決勝は「オランダVSスペイン」。どちらも抜群に強いとか優勝に相応しいというパフォーマンスを大会を通じて示してきたチームではない。今回のオランダが優勝するのは嫌なのでスペインを応援します。そんで得点王は「3位決定戦」からというのが希望です。

ブブゼラを携えた乱入者。スタンドからのブーイングもブブゼラによるものでした。
e0042386_748503.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-08 08:12 | Football
<< 天巧 セミファイナル >>