ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

2010南アフリカ

AFAのマラドーナへの続投要請表明(4年契約)には驚きましたが、マラドーナは暇になるといつ死んでしまってもおかしくない生活に逆戻りしてしまうので、真っ当に生かしておくには代表監督をさせておくのが一番という発想か。2014はブラジルが舞台となるだけに絶対に必要な最重要人物。個人的には一旦、まともな監督に交代させておいて本大会に満を持して登場というかたちが望ましいと思いますが。見たいですね、ブラジル対アルゼンチンの決勝戦。
以下、2010年大会の感想。

入場時、使用球を主審がピックアップして入って行くのがかっこいい。
刺青の選手が多すぎる。どうにかならんか。
ハンドをするとほとんどイエローが出るようになった。
ゴールに関わる致命的な誤審が目立った。
大会後半、ピッチの消耗が目立った。
ユニフォームがほぼアディダス、ナイキ、プーマの3社で独占。おもしろみがない。
ナイキのスパイクの配色がダサい。
NHKのテーマソングがダサい。
最悪放送局はやはり日テレ。

フォルランのMVPは痛快。スペインとオランダ、嫌われてますねえ。
個人的には(MVP候補に入っていませんが)カシーリャス。MVPは決勝前にFIFA技術委員が候補10人を挙げた中から決まりますが、これに聖イケルが入っていれば普通に選出されてたんじゃないかな。バルセロナを目指すチームのキャプテンがなぜレアルなのか終始疑問に思っていましたが、決勝戦のスーパーセーブ、決勝トーナメントでの無失点がその正当性を示していました。イニエスタおよびシャビがMVP受賞でも文句ありませんでしたが。
ゴールデンブーツがアシスト数も考慮してひとりに限定されるのは初めて知りました。これもスペインとオランダが漏れて笑いました。

ベストマッチは準々決勝のアルゼンチンVSドイツ。どうして4点差の試合が最高試合なのかと言われそうだが、これ以上にスリリングな試合もなかった。2点目が入るまでのアルゼンチンの攻撃、ドイツの守備の真っ向勝負が見応えありました。次点が準決勝のドイツ×スペインですね。

ベストゴールは韓国戦でのスワレス(ウルグアイ)のテクニカルな2点目。2位が準決勝でのファン・ブロンクホルスト(オランダ)のロングシュート。3位はデンマーク戦の本田圭佑(日本)の無回転FKです。
e0042386_11134783.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2010-07-18 11:13 | Football
<< JOBULNI スペイン初優勝 >>