ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

Little Bulldozer

e0042386_22572781.jpg
「WBC世界Sフライ級王座決定戦」(2010年9月20日@さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)
同級1位:河野公平(ワタナベ)●判定○同級2位:トマス・ロハス(メキシコ)

ビック・ダルチニアン(豪州)のスーパー王者昇格に伴う王座決定戦。
試合予想として、ロハスの序盤KO勝ち、ロハスの大差判定勝ち、河野が終盤圧倒しての判定勝ちの3つのうちのどれかだと思っていた。結果的にロハスの大差判定勝ちとなったが、試合序盤でこの結末は見えた。最終回、右の相打ちを誘ってダウンを奪った“リトルブルドーザー”河野だが、実力に加えて戦略でも数段及ばなかった。

サウスポーのボクサー型のロハスは開始直後こそフットワークを使ったが、すぐに打ち合いにシフト。アウトボクシングの段階で距離感、リズムを確保しているため、打ち合いになっても圧倒的に有利な位置、タイミングでコンビネーションを打ち込める。その後も距離を取りながら、長いジャブ、速い左ストレートを飛ばし、相手が止まれば右ボディアッパー、出てくれば顔面に左アッパーを合わせる。脚も速く、ボディワークは巧み、パンチは切れる。見映えのするボクシングを展開する。
ただ、この選手、穴も多い。スタミナに不安を抱え、耐久力がない。打たれ脆い割には、打ち合いを好み、ガードが低い。

当然ながら河野陣営もこれらのロハスの欠点は承知。ボディ攻略は用意していたと思うが、ステップインの際に合わされる左アッパーに狂わされた。正確で鋭いこのパンチは前屈したところで避け切れず、入るタイミングを失った。突進は繰り返したものの、プレッシャーは与えられず、ロハスのスタミナ消耗を導けない。ただ、あれだけ劣勢の状況で無理にボディを打っていけば、アッパーで倒されていた可能性が高かったように思う。
強引に飛び込んだところで、左アッパーが届かないように大きく左サイド(ロハスから向かって右)に体を置くことになり、そこからの攻撃が続かず、右フックを振って空振りすることを繰り返した。攻撃の起点も限られ、コンパクトに打つことだけに重きを置いた威力のない右ストレートばかり。目が良く、ボディワークに長けたロハスはガードに頼らず外し続けた。
4回に最初の採点公開があり、劣勢を自覚したところで展開は変わらず、河野はポイントを失い続ける。さらには6回にローブローを浴びる不運(なぜ減点にならなかった?)があったとはいえ、9回にボディで自身が効かされたのは想定外の事態だっただろう。

しかし普通ならボディ連打で沈んでいた展開から最終回の反撃に持っていった根性は見事だった。世界1位の意地は見せた。
このクラスで王座を狙う名城信男、亀田興毅にもロハス攻略は可能だと思う。河野が最終回に示した相打ち覚悟でも打っていく勇気が必要になるが。

テレ東の放送(録画)では3〜5、10ラウンドがカットされた。福原の東洋戦はいらないので、世界戦をフルラウンド放送してほしいところ。ゲスト解説を務めたこの王座のかつての保持者・徳山昌守氏の劣勢を劣勢としっかり伝える解説が良い。技術解説も的確。それだけに森田健の不要さが余計に目立った。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-09-22 22:57 | Box
<< KOダイナマイトV2 竜馬黒ラベル >>