ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

デンカオセーン惨敗

e0042386_19405110.jpg
「WBA暫定世界フライ級タイトルマッチ」(2010年10月2日@ロベルト・デュラン・アレナ)
暫定王者:ルイス・コンセプション(パナマ)○TKO1回1分30秒●同級3位:デンカオセーン・カオウィチット(タイ)

栄光のWBA暫定フライ級王座獲得を目指して前同級正規王者・デンカオセーンが遥々パナマ市まで遠征。WBA恒例の麻薬撲滅イベント「KO a las Drogas」で“El Nica”コンセプションに果敢に挑戦しました。
坂田健史、亀田大毅の両雄と2試合ずつの死闘を演じ、日本でも有名なタイの英雄でしたが、初回20秒過ぎに左フックを浴びて脆くもダウン。そのまま立て直すことができず、かつての栄光や何処や左フックでさらに2度倒されて90秒惨敗。スピード、パワーで圧倒され、得意のクリンチに出るタイミングさえ与えてもらえませんでした。落ち込む敗者の目の前で、コンセプションはトップロープからバク宙を決める派手な勝利のパフォーマンス。デンカオセーン惨めです。
そもそもマネジャーのニワット・ラオスワンワット氏らは同日、東京で行われたWBA世界Sバンタム王者プーンサワット・クラティンデーンジムの防衛戦に同行していたので、デンカオセーンの勝利までは期待されていなかったと思いますが。もう世界戦線には浮上してこないでしょうが、あと1度くらいTBS絡みの試合で来日しそうな気がします。

コンセプションは暫定王座3度目の防衛に成功。思い切りの良さとパンチのスピードが見事でした。そろそろ統一戦の時期が来た?言うまでもありませんが、栄光の同級正規王者に君臨するのは亀田大毅選手です。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-10-05 19:44 | Box
<< ラ王 新チャンピオン >>