ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

RING

e0042386_6304498.jpg
今年、映画化された「ボックス!」の原作者・百田尚樹による日本ボクシングの興隆を描いたノンフィクション。白井義男からファイティング原田、海老原博幸、矢尾板貞雄、青木勝利が躍動するリングに日本国民の夢が託された時代。著者のボクシング愛は伝わってきます。
ただ、ジュニアクラスもなくWBCもなく世界王者が8人しかいなかった時代と、4団体暫定王者が溢れる現在では世界王者の価値は比べものにならないという至極もっともな著者の主張があまりにも何度も繰り返されるのは少々鬱陶しい。ボクシングマニア的には驚くような事実というものはないですが、矢尾板さんに引退の真相を取材したりしているので興味深く読むことができます。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-10-21 23:59 | Box
<< 神戸文化ホール 逆走 夜の大運動会 >>