ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

福岡高の福岡君

花園28ぶりの出場となった古豪・福岡高の1回戦・本郷戦は感動した。
7-8で本郷リードのの後半インジュリータイム。ラストプレーで福岡のエースWTB福岡堅樹が自陣から独走。タッチを割ったとのシグナルが出たものの、レフェリーはハイタックルと判断して認定トライ。奇跡的な逆転勝ちで初戦を突破しました。
有名な福岡高の福岡君ですが、なんでも右膝靱帯断裂中とのこと。それでも50メートル5秒8で駆け抜けるという。翌日のスポニチ(関西では花園情報は一番多い)をチェックしてみたところ、進路に関しての記述がありました。「参考書は置いてきた。浪人して受験する」と、筑波大医学部を志望しているとのこと。こういう進学校から彼のような選手を早稲田も獲得できればいいのにと勝手に思うのだが。

そして2回戦が行われた本日、奈良競輪場までグランプリの車券を買いに行って、帰りに花園に寄ってみようかなどと一瞬考えたのですが、寒いので断念。気合が足りなかったのか、GPは完敗で、花園でも応援している九州の公立高が敗戦続き。
福岡高はV候補の大阪朝高に完敗。大分舞鶴は東海大仰星に71点を奪われて惨敗。佐賀工はいつかの明治のようなFW戦オンリーで大阪桐蔭に競り負け。北陽台は慶應塾高との力勝負に屈してロスタイム逆転負け。なんと九州勢は16強入りしたのが東福岡だけという酷い状況です。

そこでまた、スポニチをチェックしたのですが、高校サッカーも開幕しました。出場校を眺めていると「大分舞鶴」の文字を発見。
e0042386_058385.jpg
「はて、舞鶴はサッカーが強くなったのか?」と調べてみたところ「大分鶴崎」の単なる間違いでした。
[PR]
by the_leaping_hare | 2010-12-30 23:59 | Rugby
<< 亀田祭り いよいよ頂上決戦 >>