ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

ザック日本大勝利!アジア制覇

「アジアカップ2011決勝・豪州0−1日本」(2011年1月29日@カリファ・スタジアム)
e0042386_4194532.jpg
実におもしろい大会でした。
本格的に見始めたのはノックアウトステージに入ってからでしたが、開催国、韓国、豪州とクセのある相手との連戦に、試合内容も劇的なものばかりで力が入りました。決勝は試合開始30分前に帰宅して満を持してテレ朝にチャンネルを合わせましたが、近所方々から叫声が飛び交う最高の夜でしたな。

世代交代を進めていない豪州は経験豊富なメンバーで構成され、準決勝も6ゴール大勝。今回の優勝を獲りにきていましたが、攻撃は体格に依存した放り込み。グレーゾーンのプレーもえげつない。高さの足りない日本のCBはかなり苦しみましたが、完封できたのは川島の好守とキューウェルの不出来(劣化?)によるところが大きいでしょう。
準決勝・韓国戦では早々の5バック引き籠りに本田拓也の投入と、失策続きだったザック監督ですが、元浦和のオジェックと対峙した決勝では指揮官としての格の違いも見せつけました。藤本の早々の見切り、ラスト1枚の交代カードの憎たらしい残し方といい見事でした。ガッツポーズにも魂が感じられて良いです。

延長後半の決勝点の場面は本来ならあり得ない形が生じ、その絶好機に迷うことなく左足を振り抜いた李忠成の日本サッカー史に残るスーパーゴール。すばらしい勝利でした。
個人的にはこの試合のMVPは李、大会MVPは長友としておきます。変な審判が続いた中で、決勝はイライラすることなく見ることができたのも良かったです。

それにしてもアジア杯は毎回おもしろい。
昨季、Jリーグをあまり見なかったのですが、今回の登録メンバーに知らない選手が2人いたことには少々自分で驚いた。それはさておき、今回は招集メンバーがベストではなく、大会中の負傷離脱もありました。残ったメンバーで本来とは異なるポジションをカバーしながらも、着実にチーム力を上げ、強敵を倒し続けたことが評価できます。劣勢の展開でも勝つ雰囲気を漂わせているところは今までの代表との違いです。かつて「悲劇」が生まれたドーハの地。時代は変わりました。

基本的におれは日本代表の試合はテレ朝でしか見ず、山岸舞彩さんが結構好きなのでハーフタイムだけBSに替えていますが、今回決勝の録画でテレ朝を選んだのは失敗。優勝式典を前に番組が唐突に終了してしまいました。録画はBSにすべきでした。あと、BSのテーマ曲はアンダーワールド「Diamond Jigsaw」でしたな。
e0042386_4204681.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-01-30 23:59 | Football
<< 球春 マサチューセッツ工科大学 >>