ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

山下昂大主将

早稲田ラグビーが2月15日、2011年度新体制を発表しました。大方の予想通り、辻監督続投、主将にFL山下昂大(東福岡)、副将にFB井口剛志(伏見工)という布陣。これで5季連続で福岡出身の主将となりました。

08年1月7日、第87回全校高校ラグビー決勝。YouTubeでも一部見ることができますが、東福岡と伏見工業による花園史に残る名勝負。12−7で東福岡が悲願の初優勝を成し遂げた時の主将が山下でした。対する伏見工は井口主将。あの冬の花園の主役たちが、国立に舞台を移して再び栄光を目指します。
「山下組」という響きは山下大悟主将率いる02年度に、花園優勝の主将ということでいえば佐々木隆道主将の05年度に重なります。「荒ぶる」目指してがんばれ!
e0042386_132962.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2011-02-15 23:59 | Rugby
<< 金井アキノリ移籍初戦を飾れず 2011グラミー賞 >>