ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

錬金覇者の宴が始まる。最後に笑うのは鍛錬の雄。

e0042386_76562.jpg
「G1・第64回日本選手権競輪」(2011年3月6日@名古屋競輪場)
車番 選  手  所属  脚質
1  山口幸二  岐阜  追込
2  兵藤一也  群馬  追込
3  村上義弘  京都  逃捲
4  長塚智広  茨城  捲逃
5  鈴木謙太郎 福島  逃捲
6  山内卓也  愛知  追捲
7  市田佳寿浩 福井  捲追
8  太田真一  埼玉  追捲
9  松岡貴久  熊本  捲追
想定周回:428・731・56・9

ロケットダッシュを武器に、アテネ五輪で銀メダルを獲得した長塚先生。
静止状態から250メートルを走らせたら世界一とも言われるが、タイムを競うわけでもなく静止状態にもならない本業の競輪では未だ無冠。
ところが、政界転身を狙った09年茨城県知事選、10年参院選(茨城選挙区)での落選を経て迎えた11年、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に合格するとともに、本業でも謎の爆発を起こしている。今回の名古屋ダービーでも圧巻の3連勝。初タイトルに王手をかけた。現在、最も強い選手ということらしい。

準決勝では3レースとも本線が崩れ、決勝は鈴木の先行一車。こうなれば長塚の一気捲りで決まりだ。
抵抗するのは近畿勢。前回りを志願した市田は先行争いはできないので中団死守からの早仕掛けだろう。市田に乗る村上と長塚先生の一騎打ち。ヤマコウや兵藤は付いていけない。外を踏む松岡よりも大穴は太田の内突き。
4−3、4−8
[PR]
by the_leaping_hare | 2011-03-06 07:25 | Keirin
<< 2011J開幕 山中vs岩佐 >>