ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

第5回西王座戦

e0042386_1039175.jpg奈良競輪場史上初のビッグレース。瀬戸内勢が全滅して決勝戦は中部4,近畿3,九州2という構成。
周回予想:315・78・6・249 村上義ー小野俊ー合志正,市田佳ー澤田義,有賀高,金子貴ー一丸安ー濱口高

特別観覧席すらないダメダメ競輪場の奈良は小回りのつまらんバンクです。今回は天候にも恵まれず,さらには失格裁定でも疑問を残し,ビッグを開催する器でないことを示しています。決勝ですが,村上の番手を小野が主張するため,近畿は別線を選択。これはなんとしても近畿から優勝者を出すという気持ちの表れと見る。2日目の「春日賞」で主導権を許した金子を制して村上が逃げる。中団の取れる市田が捲る。狙うは市田に乗る澤田から。今は亡き甲子園競輪のエースだった澤田。準決勝後の勝利者インタビューでの「僕はもう地元がないんで,近畿地区というのはいつも地元の気持ちでがんばっています」という言葉が良かったですな。
狙い:8から(2と3以外の)2着流し
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-02-21 11:12 | Keirin
<< 第5回東王座戦 闘育論 >>