ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

平成十九年亀田場所

e0042386_22173325.jpg前WBA世界L・フライ級王者・亀田興毅のフライ級復帰第一戦。WBC12位にランキングされるメキシカンを文句なしの判定で下しました。高く上げた両腕で顔面を隠したまま,鋭い踏み込みから単発のパンチを打ち込む。大苦戦を演じたランダエタ第一戦に近いスタイルで戦いました。
後半のラウンドをいくつか失いはしましたが,ダウンを奪っての勝利です。バランスが崩れず,独特のリズムで左右アッパーを入れてくるモラレスに慌てることなく対応できたのはランダエタとの二連戦の経験が生きているからでしょう。
しかし本来のウェイトというフライ級に戻した割にはパンチが感じられません。まともに被弾していたモラレスは効いた様子がなかった。亀田のことを強打者などとは思ってはいませんが,モラレスにこの程度のダメージしか与えられないのであれば,ガードを固めて強打を放つスタイルは諦めた方がいいでしょう。
[PR]
by the_leaping_hare | 2007-04-01 01:11 | Box
<< 四月物語 計量失格 >>