ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

西成区民センター

e0042386_21481721.jpg今年2月に肺炎で亡くなられたグリーンツダジム・津田博明名誉会長の追悼興行。06年1月にイーグル京和に挑戦し,7回TKOで完敗した中島健が,東洋太平洋Lフライ級王者ファニト・ルビリアル(フィリピン)に挑みました。この日の中島は気持ちが入っており,左ボディと右ショート・アッパーで3回までは互角以上に戦います。しかしルビリアルの圧力は弱まらず,5回に左ボディ・ストレートを突き刺されると,やや間を置いてダウン。続いて右ボディで転がされ,最後はロープを背負い3度目のダウンを宣告されました。試合後,中島は引退を表明。強豪王者と真っ向から打ち合ったファイトには,資金難から存続危機が囁かれるグリーンツダジムへの中島なりのメッセージが込められていたようにも思えなくもありません。
なお,メインイベント前に行われたテンカウントを含む追悼式典では,同ジムOBを代表して神代英明氏(88年1月に大阪城ホールでWBC世界フライ級王者ソット・チタラダに挑戦)が追悼の言葉を述べました。「今頃はエディ・タウンゼント・トレーナーとボクシングの話に花を咲かせていることでしょう。会長,あなたは世界の津田です」
A5版の無料パンフレットが秀逸。名誉会長と赤井英和の渋すぎるツーショット写真や,同ジムのタイトルマッチ全記録などマニア向け。グリーンツダジム歴代所属全選手の氏名も記載されており,当然ながら亀田興毅の名前もありました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2007-06-25 00:10 | Box
<< 第16回 寬仁親王牌 七戦目 >>