ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

アメリカン・ギャングスター

e0042386_3324658.jpg『アメリカン・ギャングスター』(2007米国)監督:リドリー・スコット,出演:デンゼル・ワシントン,ラッセル・クロウ

おお,これは骨太だ。gangsterというタイトルやギャングvsポリスという構図から,よくある二大スターの競演ものと即断するなかれ。ベトナム戦争,人種差別,ヘロイン,ピストル,ファミリー,汚職警官,メイド・イン・ジャパン,公民権運動,ブラック・パワー,キング牧師,モハメド・アリ,リチャード・ニクソン…これは1960年代末から70代にかけてのニューヨーク・ハーレムを舞台に,リドリー・スコットがアメリカという国家を描いた大作だ。過ぎ去った時代を賛美するでも,ただ懐かしがるでもなく,現在につながるテーマに真摯に目を向けた作品。157分という上映時間をまったく退屈させない。
しがない運転手からハーレムのヘロイン王に成り上がった黒人フランク・ルーカスの一代記でありながら,リドリー・スコットがひたすら見つめたのはアメリカの歴史だ。つまりは在日朝鮮人がヤクザになってのし上がるような映画を期待してはいけない。陳腐な抗争劇や裏切りといったものは極力排除され,物語は進む。それでもお約束の銃撃戦は挿入されており,迫力は十分ある。
ストーリーのターニング・ポイントとなるのは,71年3月8日,マジソン・スクエア・ガーデンで行われた統一世界ヘビー級タイトルマッチ,ジョー・フレージャー対モハメド・アリ戦。時代の変移を象徴する出来事が実にうまく描かれている印象的なシーンがある。

デンゼル・ワシントンが「汚れた手でつかんだ,美しき人生」を,ラッセル・クロウが「人生を賭けてつかんだ,美しき正義」を余計な説明なしの演技で示す。観て損はない。デンゼル・ワシントンの衣装もかっこいい。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-02-19 04:50 | Movie
<< 子猫の涙 シルク >>