ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

earth

e0042386_14344946.jpg『アース』日本語吹替版(2007イギリス,ドイツ)

主役は地球。『ディープ・ブルー』やNHKで放送された『プラネットアース』のスタッフが5年の歳月をかけて撮りあげた渾身のノンフィクション。26カ国でロケが行われている。最初に示されるホッキョクグマの親子がたいへん魅力的で,その世界に引き込まれると,その後も超望遠レンズによるトナカイの大移動,1秒間に1000コマの撮影が可能な超ハイスピードカメラによるオオカミの狩りの決定的瞬間など眺めているだけで十分の映像のオンパレード。ホッキョクグマ,アフリカ象,ザトウクジラなど希少種が効果的に使われており,環境問題への提示もなされている。
日本語吹替版のナレーターは渡辺謙。ベルリン・フィル管弦楽団の静かな調べが感動を呼ぶ。ぜひ大スクリーンで見ておきたい。小人料金を500円に設定しているのも評価できる。
なお,この映画の完成試写会には亀田興毅が出席しており「ホッキョクグマはごっつ根性がある。今年のテーマはホッキョクグマや」と絶賛していたことを付け加えておきます。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-02-26 15:10 | Movie
<< I love Kobe 宇和島の怪物 >>