ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

マイ・ブルーベリー・ナイツ

e0042386_7482351.jpg『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(2007 香港,中国,フランス) 監督:ウォン・カーウァイ 主演:ノラ・ジョーンズ

たとえ台詞が英語であろうと,舞台が米国であろうと,役者が誰であろうと,監督の個性が一貫して表れている点には感心しました。ウォン・カーウァイ初の英語作品。

『恋する惑星』や『デイズ・オブ・ビーイング・ワイルド(欲望の翼)』といった90年代にウォン・カーウァイが得意とした恋愛群像劇。ニューヨーク,メンフィス,ラスベガスと舞台を移すロードムービー仕立ての断片的なエピソードには,つながるテーマもなく,観る者がその雰囲気を感じることで,辛うじて一本の映画として成立する。泣けるラブストーリーではないが,共感できる瞬間はある。95分という短尺ながら,どうでもいいシーンも少なくない。それでいてノラ・ジョーンズとジュード・ロウの美しいキス・シーンであったりと,印象的なシーンが散発する。これにスタイリッシュな映像と抜群の選曲センスが織り交ぜられた瞬間芸術。それまで存在しなかった毛色の映画を90年代の香港で生み出したウォン・カーウァイが現代のアメリカでも同様のことを貫いたことにこの映画の意義がある。
では,ウォン・カーウァイが香港で映画を撮る必要がないのかといえば,そうは思わない。今作を観れば,香港を舞台に,中華圏の役者を使い,広東語を話してこそウォン・カーウァイの映画は最も活きると感じることができる。
撮影は盟友クリストファー・ドイルではなく,『デリカテッセン』や『ロスト・チルドレン』などジャン・ピエール・ジュネの作品でお馴染みのダリウス・コンジ。ストーリーに無関係なカットやスローモーションを多用するウォン・カーウァイ映画の特色を踏襲してはいるが,少々くどすぎる。
キャストでは,メンフィスのシーンで登場するデヴィッド・ストラザーンの演技が絶品。映画初出演のノラ・ジョーンズは錚々たる面々に囲まれても存在感はあったが,美人とはいえないよな。ギャンブラー役のナタリー・ポートマンも『レオン』をピークに,年々魅力を感じられなくなっている(>ロリ?)。それに比べて,レイチェル・ワイズ様の色気といったら…いやいや,もうたまりませんな…
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-04-28 10:41 | Movie
<< Detroit Rock City 黄金週間 >>