ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

僕の彼女はサイボーグ

e0042386_22403919.jpg『僕の彼女はサイボーグ』(2008 日本)監督:クァク・ジェヨン

この映画を観ようと思ったのは,おれの家の近所で撮影をしていたからというただそれだけの理由。おれは仕事から帰宅するのが夜中の1時頃が多いんだけど,会社からの帰り道で撮影現場に出くわしたことがあります。そんなわけで平日の朝っぱらから観てきましたよ。
しかし劇中の主要な舞台設定は2007および2008年の東京ということにされていますが,これだけ神戸を前面に押し出している作品で,●●で街を破壊してしまったのには驚いたね。
大学のシーンは神戸大学で撮影されたと聞いていたのですが,中庭とか屋外は関学でした。教室や学食が神戸大だそうです。一時期,神戸大のほぼ敷地内というようなところに住んでいたおれとしては,最寄りの店は神戸大の生協,最寄りの飲食店は学食という非常に不便な生活を送っていた当時を思い出してしまいました。

監督は『猟奇的な彼女』,『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジョエン。綾瀬はるかがサイボーグの役ということは知っていましたが,正確にはサイボーグではなくアンドロイドでした。やや仰々しい韓国風のラブコメを覚悟していたところ,早々とタイムトラベルがあり,「おお!『ターミネーター2』か!」と俄然気合を入れて注視したのですが,泣ける展開には一向にならず,結局はドラえもんだった。
てゆうか,だらだらの展開になってきた中盤以降は綾瀬はるかの巨乳ばかり見ていたので,あまり話に付いていってません。いやいや,サイボーグもビックリのたいへん立派なものでして,朝からたいそう刺激が強すぎました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-07-05 22:37 | Movie
<< N.ハリウッド スペシャルボックス 小枝 雪塩&赤糖 >>