ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

木村術

ようやく正式決定です。日本Sライト級王者・木村登勇(横浜光)が9月13日,ウクライナ,リヴィウでWBA世界Sライト級王者アンドレアス・コテルニク(ウクライナ)に挑みます。ロサンゼルスでのキャンプ中の本人不在のまま,所属ジムが8月1日に発表しました。日本人がウクライナで世界戦を行うのはもちろん今回が初。

木村登勇といえば,重心を後方に置いた左構えから,巧みなボディワークと独特の当て勘を誇り,ペース支配に長けたそのスタイルを“木村術”と自称。風変わりなリングコスチューム同様,誰も真似することができないボクシングを展開します。青森は,八戸帝拳ジム所属時代の98年11月16日,当時の日本ライト級王者・リック吉村(石川)に意気揚々と挑んだものの,為す術なく判定負けした時はこれほどの選手になるとはとても想像できませんでしたが…今や日本Sライト級王座を12回連続防衛。そのうち判定まで縺れ込んだのが僅かに3回だけというまさに国内敵なしの絶対王者。久々に説得力のある世界挑戦者です。しかも海外敵地挑戦というのがまた潔い。応援したいですな。

王者コテルニクは,シドニー五輪ライト級銀メダリスト。プロ転向後はハンブルクを拠点に活動し,今年3月22日,敵地・カーディフでギャビン・リース(英国)を最終回TKOで破り,ついに世界王座奪取。非常にガードが固く,無駄打ちはまったくしない堅実な選手です。先日のWBCフライ級戦ではありませんが,まさに「正攻法vs変則」。果たして“木村術”が世界に通用するのかたいへん興味深い一戦です。テレビは15日にパシフィコ横浜でのトリプルタイトルマッチを放送するテレ東がその枠内に組み込むそうです>えらいぞテレ東!
e0042386_344231.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-08-02 03:50 | Box
<< REAL SPIRITS vol.2 ラッピング広告 >>