ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

1979.9.14

王子動物園のパンダの赤ちゃんが生後三日で死んでしまいました。かわいそうです。おれもすごく落ち込みました。

正式発表されたデ・ラ・ホーヤvsパッキャオの初動オッズが早くも出ております。
 De La Hoya −155
 Pacquiao +135
だいたい8対5くらいでデ・ラ・ホーヤ有利ですね。まあ妥当なところだと思います。試合が近づくにつれてもうちょい縮まるのではないかと思います。

同日,東京・水道橋の後楽園飯店では世界戦が発表されました。

「WBA世界フェザー級タイトルマッチ」(10月24日・後楽園ホール)
王者:クリス・ジョン(インドネシア)vs挑戦者4位:榎洋之(角海老宝石)
e0042386_638311.jpg
ようやく巡ってきた榎の世界初挑戦。王者との相性を考えるとかなり厳しい試合となるでしょう。角海老宝石ボクシングジム公式ブログ“エビログ”からは発表会見の模様を動画で見ることができますが,感極まりあふれる涙を拭きながらの決意表明は気持ちが伝わってきました。
4月の粟生隆寛(帝拳)との挑戦者決定戦は凡戦の末のドローでしたが,負けなかったことで掴んだチャンス。ここで勝負を賭ける勇気を見せてほしい。しかし,おれがプロモーターなら粟生と榎のターゲットはそっくり入れ替えますけどね。

王者ジョンが42戦41勝(22KO)1分け,榎は29戦27勝(19KO)2分けの「無敗対決」。世界戦での無敗対決は久々では?と調べてみたところ,日本においては02年7月31日,大阪府立体育会館でのアレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)vs小島英次(金沢)のWBA世界Sフライ級戦まで遡ることになるとは少々驚きですな。
なお,両選手は1979年9月14日とまったく同じ日に誕生しているという奇妙な巡り合わせに包まれております。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-08-30 06:49 | Box
<< 西日本新人王決勝戦 100 million dol... >>