ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

西日本新人王決勝戦

恒例の「西日本新人王決勝戦」(8月30日・大阪府立体育会館第二競技場)に行ってきました。
昨年は「西軍が勝ち越す」などと予想して,大外し(西軍は不戦勝の2勝のみ。実際に戦った試合は全敗)したおれ。見る目のなさを自覚し,今年は現実的に取り組みます。Sウェルター級は開催なし,ミニマム級は不戦勝となり,この日は11試合が行われ,08年度の西日本新人王が確定しました。
e0042386_10491881.jpg
しかし…レベル低っ!
今年の西日本はこれでは期待できませんな。全日本で勝てるかという話の前に,西軍代表権を獲得するのも難しい選手が多いです。

★ミニマム級 高梨竜平(高砂)○不戦勝●濱口直哉(金沢)
★Lフライ級 小金丸憲友(進光)●1−2判定4回○大西一生(姫路木下)
★フライ級 中村優一(正拳)▲1−1判定5回△加藤毅(ヨシヤマ)
★Sフライ級 森川真一郎(高砂)○KO1回2分17秒●山崎浩一(明石)
★バンタム級 大前健太(クラトキ)○3−0判定4回●高野誠三(明石)
★Sバンタム級 佐藤裕樹(ハラダ)▲1−1判定5回△菊地永太(真正)
★フェザー級 中野利保(ウォズ)△1−0負傷判定4回2分19秒▲大堀晃司(井岡)
★Sフェザー級 吉野典秀(進光)○3−0判定5回●福岡孝太(明石)
★ライト級 柳瀬達也(エディタウンゼント)▲1−0判定4回△人見真太郎(大鵬)
★Sライト級 松本泰知(仲里ATSUMI)●0−3判定4回○瀧波大佑(千里馬神戸)
★ウェルター級 小林勇介(仲里ATSUMI)○KO2回1分51秒●川口将也(尼崎亀谷)
★ミドル級 下野喜道(ホワイトフォックス)●0−3判定4回○庄司卓司(大星森垣)

MVP:森川真一郎,技能賞:吉野典秀,敢闘賞:小林勇介

KO決着は二試合のみ,引き分けが四試合と全体的に締まりのない中で,出色の出来がSフライ級の森川。昨年11月に3回TKOで下している相手に力の差を見せつけ再勝。右を軽く出しておいて返しの左フックで痛烈なダウンを奪うと,連打,連打で勝負を決めました。
90年生まれの18歳。06年アマ全日本実業団バンタム級優勝の森川は気の強さを全面に打ち出したアグレッシブな右のボクサーファイター。優勝候補筆頭と見られていましたが,初戦の川口勝太(金沢)戦では初回に相手の右を浴びまくりあわやKO負けのピンチに陥るなど課題が噴出しました。この時はとにかく打ち合うことで挽回し,ドローに持ち込み,優勢点で勝者扱いとなりました。これがいい経験となったのか,準決勝,決勝は初回KO勝ち。パンチもありますが,チャンスを感じ取る嗅覚に優れた好選手です。
この日は不戦勝でしたが,ジムメイトで同じ歳のミニマム級の高梨と二人で西日本新人王に輝きました。二人とも高校にも進学せずボクシングに打ち込んでいます。高砂ジムの平成生まれコンビは全日本まで期待できるでしょう。
Sバンタム級では菊地が1−1の引き分け勝者扱い。昨年10月の設立以来続いていた真正ジムの男子選手の連勝は「17」で止まりましたが,未だ不敗記録は続いています。

最後に,昨年までは無料のパンフレットが用意されていたのですが,今年は戦績すら記されていない不親切な組み合わせ表一枚のみ。なんたるやる気のなさ…
e0042386_10493266.jpg
このあたりにも不祥事続出の西日本協会のダメっぷりが出ています。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-08-31 12:39 | Box
<< ダッチボーイジム 1979.9.14 >>