ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

七つの命,無数の顔

エニグマの七作目となるアルバム『SEVEN LIVES MANY FACES』が今月発売されました。30日発売となっているオリジナル12曲プラス5曲入りのボーナスディスクの2枚組US限定版をアマゾンで予約しているので,近々届くと思うのですが,17日に先行発売された日本版も購入してみました。この手のCDの各国版を趣味で集めているおれは同じCDをいくらでもダブって持っており,デレリウムの『KARMA』なんて7〜8枚くらい持っているのですが,基本的に日本版は買いません。
それが今回珍しく日本版のみのボーナストラックが付いていたので買ってみました。『A POSTERIORI』から二年ぶりの新作。前作からジェンス・ガッド(現:enigmatic obsession)が離れてマイケル・クレトゥによるソロ・プロジェクトが展開されていますが,今作ではジャンル,国籍,宗教色といった作品を形成する世界観がより多岐に渡り,凝縮されたものとなっています。#2の「SEVEN LIVES」はドイツ公共放送連盟(ARD)の北京五輪テーマソングだったので,発売前から聴いていましたが,この曲の感じから想像していたイメージとは少々異なりました。あと,日本版の解説ではこの曲のヴォーカルはクレトゥとなっていますが,Andru Donaldsですよね。カタルーニャ語で歌われる#7「LA PUERTA DEL CIELO」が先行シングル。個人的にはジェンス・ガッドが共同プロデュースしていた頃の方が好きなのですが,変態連中が安心して聴ける心地良さは健在です。
e0042386_1617411.jpg
13曲目のボーナストラック「EPILOGUE」はコレクター以外は必要ない内容でしょう。各曲に邦題をわざわざ付けている姿勢は評価したいのですが,残念なことにそのセンスはいまいちです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-09-30 16:20 | Music
<< 協会,危機一髪? 秋は夕暮 >>