ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

115ポンド最強は誰?

e0042386_166208.jpgすごいハイレベル!いや,大接戦の天皇賞です。馬券買ってないけどおもしろかったです。

「WBA/WBC/IBF世界Sフライ級王座統一戦」(2008年11月1日・ホームデポセンター)
WBA UF/WBC王者:クリスチャン・ミハレス(メキシコ)●KO9回3分○IBF王者:ビック・ダルチニアン(アルメニア)

前座で亀田がWBA世界フライ級暫定王座決定戦を画策していたが,実現に至らなかったカリフォルニア州カーソンでの興行のメインで,Sフライ級最強を決めるに相応しい三団体王座統一戦が行われました。
WBC王座を8度防衛中,WBAではスーパー王者に認定されるミハレスを強打者ダルチニアンが撃沈。初回からダウンを奪う圧勝で制した模様です。どちらが勝っても不思議ではないカードでしたが,これほど一方的な試合になるとは予想外です。

「WBA世界Sフライ級暫定タイトルマッチ」(2008年11月1日・マンダレイベイリゾート&カジノ)
暫定王者:ホルヘ・アルセ(メキシコ)○TKO4回48秒●挑戦者15位:イシドロ・ガルシア(メキシコ)

続いてWBAの腐敗を象徴するかのごとく,同階級の暫定暫定王座戦も同日にラスベガスで開催されています。暫定王者の“トラビエソ”アルセが戸高秀樹のスパーリングパートナーでもあった元WBO世界フライ級王者のガルシアを下してこのタイトルの初防衛戦に成功しています。

そしてこのタイトルの正規王者は沖縄キャンプ中の名城信男さん。完全に蚊帳の外に置かれておりますが。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-11-02 16:27 | Box
<< 大橋のぞみさん モリシ引退 ミスター・セレッソ... >>