ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

四川省成都

「WBC世界ミニマム級暫定王座戦」(2008年11月7日,四川省体育館)
暫定王者:ファン・パラシオス(ニカラグア)○TKO7回2分28秒●挑戦者9位・三澤照夫(帝拳)
e0042386_450117.jpg
日本タイトル戦2連敗中の三澤が所属する日本最大手のジムの政治力だけで挑むことができた“帝拳マッチ”。当然のように敗退。ましてや正規王者のオーレイドン・シスサマーチャイ(タイ)がいるにもかかわらず暫定王者に挑戦って…いいかげんにこういうこと止めてくれんかね。
JBC傘下の選手が初めて中華人民共和国で行う世界タイトルマッチ。会場は三国時代の蜀の都こと四川省省都・成都。ジャイアントパンダの生息地としても有名で,成都大熊猫繁育研究基地があります。

なお,前WBA世界ミニマム級王者・新井田豊さんが6日付で引退届を提出。ラストファイトは心に残りました。おつかれさまでした。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-11-08 04:37 | Box
<< シャムスカマジック 帰ってきた亀田大毅 >>