ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

一審は無罪

01年に未公開株の上場話を知人の不動産会社社長にもちかけ,現金3億7000万円をだまし取ったとして詐欺と恐喝未遂罪に問われたタレント・羽賀研二(本名・当真美喜男)被告の判決公判が28日,大阪地裁であり,中川博之裁判長はいずれも無罪(求刑・懲役8年)を言い渡した。恐喝未遂罪の共犯に問われた元プロボクシング世界王者・渡辺二郎被告も無罪(求刑・懲役4年)とした。

朝9時40分集合というのが早過ぎるので断りましたが,おれの元にも傍聴券抽選の並びをしてくれんかとの協力要請が舞い込んだ注目の判決公判。ちょっと驚きの判決となりましたね。

渡辺二郎被告は今回が四回目の逮捕。
・95年 恐喝(起訴猶予)
・99年 銃刀法違反(懲役4年6月の実刑判決)
・07年 証人威迫(処分保留)
・07年 恐喝未遂
e0042386_15235083.jpg
事実上のWBA&WBC統一,世界戦12連勝,通算防衛10度,日本選手初の海外防衛など現役時代の輝かしい栄光も何処や,四度目の逮捕時の警察発表では「元世界王者」とは別の肩書にされてしまった二郎被告。個人的には日本ボクシング史上最も完成度の高いボクサーだと思っています。JBCもボクシング界からの事実上の永久追放処分を下していましたが,このまま無罪が確定した場合はどうなるのですかねえ。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-11-28 15:30 | Box
<< ホルヘ二階級制覇へ 容疑者Xの献身 >>