ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

ヨーロッパ

不覚にも16時頃に目が覚めてテレビをつけてみたところ,讀賣テレビで全日本選抜競輪を生中継していました。全日本選抜は01年から「讀賣新聞社杯」の冠が付いたGⅠレースなのですが,日テレって競輪,放送してたっけ?
しかし酷い放送でしたなあ。UHF局ではない地上波で放送してくれるのは歓迎なのですが,今後はテレ東でお願いしたいです。大橋未歩アナも出ますしね。
e0042386_22144898.jpg
「GⅠ・全日本選抜競輪・決勝」(2008年12月9日・西武園競輪場)
車番 選  手  所属  脚質 今回成績
1  山崎芳仁  福島  逃  912
2  加藤慎平  岐阜  追  121
3  兵藤一也  群馬  追  413
4  三宅 伸  岡山  両  633
5  佐藤友和  岩手  逃  141
6  海老根恵太 千葉  逃  211
7  荒井崇博  佐賀  逃  213
8  石丸寛之  岡山  逃  422
9  渡邊晴智  静岡  追  332

KEIRINの一社提供による日テレの中継は終始画面左側を「北京五輪最終章」,右側を「全日本選抜競輪決勝生中継」の幕が終始覆っている。そもそも北京五輪最終章ってのが意味不明。番組開始から永井清史のケイリン銅メダルの快挙,伏見俊昭の惨敗をドキュメンタリータッチで30分近く流し続ける。ひと段落ついたところで,「なお,永井選手と伏見選手は残念ながら準決勝で敗退してしまいました。それでは決勝の模様です」と唐突にレースに映像が切り替わるが,選手はすでに入場も終えて発走台についている。いきなり号砲が鳴り,ビッグレースの緊張感もあったもんじゃない。だいたい全日本選抜決勝がどのような価値を持ったレースなのかの説明もなければ,オッズ表示も一度もなし。競輪ファン,競輪に興味がない人,どちらが見てもクソおもしろくない構成だった。

レースは,石丸−三宅,海老根−渡邊,荒井−加藤,山崎−佐藤−兵藤で周回。赤板で荒井が上昇し,打鐘過ぎに山崎が仕掛ける。グランプリの出場権のある山崎は,ラインの佐藤に勝たせるためのレースをすればいいだけで,最終ホームで完全に先行態勢に入った時は「つまんねー。決まったわ」と思ったものだったが,そう簡単な話ではなかった。雨走路の影響なのか山崎の掛かりが悪く,ホームから巻き返す海老根に捲られそうになる。友和は2コーナーで海老根に体当たりするが止めきれず,内に差し込んで万事休す。隊列が短くなったところで,“輪界屈指のイケメン”石丸が強烈な捲りを発動。一気に捲り切る。付いていった三宅伸がゴール前で交わして39歳にして初タイトル。3着には海老根が粘る。

しかし信じられんなあ。三宅伸は無冠ながらグランプリにも二度出場している力のある選手だけど,全盛期を疾うに過ぎた今頃になってタイトルを獲るとはなあ。伸になら差されてもいいという感じの石丸の腹を括った仕掛けも見事でした。
一般に競輪では最も弱いとされる選手が6番車となり,続いて力の劣る選手が4,8番車に振られる。4,6,8番車をまとめて「ヨーロッパ」と呼ばれ,車券戦術のセオリーとしては真っ先に切っていいものとされている。GⅠ決勝での「ヨーロッパ」表彰台独占って坂巻正巳が優勝した91年の一宮ダービー以来ですか。
今回,開催自体忘れていたおれは当然,車券も買っていませんが,スジで決まった2車単4−8の配当が4,460円というのを見て悔やんだ。

日テレの番組ではレースの余韻もそこそこに,優勝インタビューもなく,競輪学校のドキュメントに切り替わる。気になったのが「KEIRINグランプリ」(12月30日・平塚競輪場)の宣伝をしていたこと。まさかグランプリも日テレか?

そのグランプリのメンバーが全日本選抜を終えて確定しました。
選  手  所属  脚質 出場資格
井上昌己  長崎  逃  小倉競輪祭優勝
渡邊晴智  静岡  追  静岡日本選手権優勝,びわこ高松宮記念杯優勝
山崎芳仁  福島  逃  前橋寬仁親王牌優勝
伏見俊昭  福島  逃  一宮オールスター優勝
三宅 伸  岡山  両  西武園全日本選抜優勝
永井清史  岐阜  逃  北京五輪ケイリン銅メダル獲得
平原康多  埼玉  逃  年間獲得賞金4位
小嶋敬二  石川  逃  年間獲得賞金5位
佐藤友和  岩手  逃  年間獲得賞金6位

周回予想は井上−三宅,平原−渡邊,永井−小嶋,佐藤−山崎−伏見ってところですか。並びがはっきりしてから検討に入りたいと思います。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-12-09 22:56 | Keirin
<< トモキ エルメヒカニート カメダ 背番号「8」 >>