ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

マンチェスター

「TOYOTAクラブW杯・準決勝,マンチェスターU5−3ガンバ大阪」(2008年12月18日・横浜国際)
テレビを見ながらガンバを応援していたのですが,真っ向勝負を仕掛けてここまで叩きのめされてしまっては,ある意味,爽快でした。結局のところ,マンUをそれなりに本気にさせたのは,後半29分に山崎のゴールで2−1にしてから1分後にルーニーに取り返されるまでの日テレのアナウンサーが実況もせずに大騒ぎしていた僅かな時間だけでしたが,昨年のレッズとは大違いの未来のある完敗だったと思います。
「この会見場に来る前にも何人かにおもしろかったと言われた。だけど僕自身はまったくおもしろいとは思っていない」と会見した西野監督の言葉にも共感できます。おれもおもしろい試合だと思いましたけどね。

ところで,マンチェスターといえば,マニー・パッキャオの次期対戦者として名前の挙がるリッキー・ハットンのことを思い浮かべてしまいました。パッキャオ戦は5月2日,ラスベガスで決行という具体的な話も浮上しています。そのハットンですが,11月22日にラスベガス・MGMグランドで前IBF世界Sライト級王者のポール・マリナッジ(米国)を11回48秒TKOで下して,IBO同級王座を防衛。その試合の写真を発見しました。
e0042386_17433665.jpg
友人のギャラガー兄弟と記念撮影。マンチェスターCの熱狂的なファンのこの兄弟の鬱陶しさは日本の三兄弟と同種のものを覚えますな。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-12-19 17:47 | Box
<< 60年の記憶 ビア・チャーン >>