ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

カオサイ・ギャラクシー

クリスマスイブに渋谷インフォスタワー最上階の自宅で孤独死が確認された飯島愛さんで思い出すのは1992年11月18日,大阪府立体育会館での「WBA世界Jフライ級タイトルマッチ」王者:井岡弘樹(グリーンツダ)×挑戦者前王者:柳明佑(韓国)でのTバック姿でのラウンドガールです。
当時,おれが住んでいた実家ではテレビ東京系は映らなかったため,県外の電波が届く高台に住んでいる友人の家に見に行ったものでした。当然ながら「ギルガメッシュないと」も見たことがないので,飯島愛のこともそれほど知らなかったのですが,テレ東事情に長けた高台に住む友人に偉そうに説明されたりしました。御冥福をお祈りします。

「内藤×山口戦」の視聴率が関東地区で25・6%(瞬間最高32・8%)と高い数字を記録。ドラマ「流星の絆」最終回の22・6%を軽く超えて,今年のTBSが放送した全番組の視聴率3位までを内藤の試合が独占しました。1位・ポンサクレック戦(26・3%),2位・山口戦,3位・清水戦(24・5%)という結果です。同一人物のベスト3独占はTBS史上初とのこと。
内藤の快挙にはもちろんのこと,それ以上にTBSの不振の深刻さに驚きましたね。なお,06年8月2日のファン・ランダエタ(ベネズエラ)とのWBA世界Lフライ級王座決定戦で42・4%という驚異的な数字を叩き出した亀田興毅も同様の記録を達成してるんじゃ?と調べてみたところ,06年のTBSにおいて,亀田は1位・ランダエタ戦,3位・ファハルド戦(33・0%),4位・ランダエタ第二戦(30・1%)でした。2位には野球のWBC・韓国戦(36・2%)が入ってました。

そのTBSが大晦日の18時から生中継する「WBA世界フライ級タイトルマッチ」(広島サンプラザホール)で王者・坂田健史(協栄)に挑む同級1位のデンカオセーン・シンワンチャー(タイ)が「内藤×山口戦」の行われた23日に来日しました。
e0042386_20592371.jpg
同行して来日した“タイの国民的英雄”元WBA世界Jバンタム級王者カオサイ・ギャラクシーが挑戦者以上に気になりました。

それでは「ハウス・流星の絆・特製ハヤシライス」でも食べて寝ます。
e0042386_2251120.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-12-25 22:08 | Box
<< 女豹 聖夜の審判 >>