ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

勝つのは,誰だ。勝利とは,何だ。

e0042386_3341341.jpg
「G1・第50回競輪祭競輪王決定戦」(2009年1月25日・北九州メディアドーム)
車番 選  手  所属  脚質
1  井上昌己  長崎  逃
2  山田裕仁  岐阜  両
3  伏見俊昭  福島  逃
4  坂上樹大  石川  両
5  飯嶋則之  栃木  追
6  山内卓也  愛知  追
7  北都留翼  福岡  逃
8  小野俊之  大分  追
9  山崎芳仁  福島  逃
想定周回:93・264・7(15)8

九州,中部,東日本ときれいに分かれての三分戦かと思いきや,関東単騎の飯嶋が「先行するのは北都留。福島の三番手では優勝はない」という番手選手として至極当然な主張から北都留の番手競りを宣言。近年の選手には珍しいくらい潔いし,これで俄然おもしろくなった。
競り込まれるのは昨年度賞金王で競輪祭連覇を狙う井上。ヨコの強さでは“本職”の飯嶋には適わないが,踏み出し勝負となれば井上有利か。
北都留がダッシュ力を活かして出切ってしまえば,後位は競り。山田天皇が中団を確保することで8番手に置かれる山崎は小倉の高速バンクでは巻き返しが効かない。地元の星の豪快な逃げ切りを期待する。
7=2,7−1,7−8

競輪の新CMが始まりましたね。競輪に興味がある人でなければ,前作との違いに気づかないようなものですが,今回の出演者とその人物設定はなかなかおもしろい。1番車の長塚智広に「株のトレーダー」役をやらせたのには笑ってしまいましたし,9番車の滝澤先生は「酪農家」でも風格がある。しかし,6番車・玉木勝実のタクシー運転手はこれ以上ないほど違和感がないですな。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-25 04:00 | Keirin
<< 第三の王者 イーグル復帰? >>