ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

2009年西日本初興行

本年度、西日本地区初興行に行ってきました。会場は大阪・京橋のOBP(大阪ビジネスパーク)内にある松下IMPホール(The International Market Place)。府立第二と並ぶ関西の定番会場です。
e0042386_16371491.jpg
関西特有の二部興行(入替制)。ともにメインを張るのは関西のベテラン。
13時開始の第一部「第69回Dramatic Boxing」(大阪帝拳主催)のメインが元日本バンタム級王者:池原信遂(大阪帝拳)×タイ国バンタム級王者:ガーオナー・クローンパジョン(タイ)。
17時30分開始の「第3回GTカーニバル」(Gツダ主催)は元東洋太平洋フライ級王者:小松則幸(Gツダ)×元IBF世界ミニマム級王者:ラタナポン・ソー・ウォラピン(タイ)。アンダーカードにも期待の新鋭が組み込まれており、それなりに注目の興行です。

おれの目当ては一部第二試合でデビュー戦を行う08年大分国体・バンタム級少年の部優勝の17歳・石田匠(井岡)。大阪・秋桜高在学中(2年生)ながら17歳の誕生日を迎えると迷うことなくプロ転向した注目株。鋭い左ジャブと上下の打ち分けでタウィーサック・ペッチティーラポン(タイ)を圧倒し、ショートフック気味の左ストレートで鮮やかに倒すと、再開後に連打で二度目のダウンを奪う。初回2分40秒KO勝ち。今後が楽しみな石田の次戦はいよいよ井岡一翔(井岡)がプロのリングに立つ4月12日の府立第一に組み込まれている。
e0042386_1791062.jpg
なお、新春一発目となる第一試合ではアマ経験豊富な伊波・パブロ・カスティーヨ(真正)がデビュー戦に臨むが、5勝(1KO)2敗のキャリアを誇る小川利希(宮田)にプロの洗礼を浴びる。左ジャブを丁寧に突くカスティーヨは時に強引に出てくる小川に距離を潰され、ペースを失う。2回からは鼻血が流れ、0−2判定負け。採点発表直後、陣営は判定に不満の様子で、さらには勝者陣営の宮田会長までが独特の甲高い声で「間違いじゃないの?負けたと思った」とか言っていたけど、採点は極めて妥当。というか、ホーム寄りの判定がまるで為されない近年の関西は不気味に思えるくらい。
昨年度、国内最高勝率を誇った真正ジム、09年初戦から躓きました。
なお、今回の興行からJBC関西事務局がスポンサー契約を結んだ物流会社・TMGのロゴが審判団のユニホームにバックプリントとして入った。
e0042386_1792395.jpg
セミファイナルの07年ウェルター級新人王西軍代表・水本昌寛(井岡)が急成長。06年ミドル級新人王西軍代表の福森智史(正拳)を積極的なファイトで粉砕。左ジャブの得意な福森に左の突き合いで勝つと、左ボディから右フックを再三ヒット。最後は右アッパー一発で福森をひっくり返して2回2分55秒、ノーカウントのTKO勝ち。ランク入りの見える内容でした。
その後、関西運動記者クラブ・ボクシング分科会選定の「第四回関西MIB賞」(Most Impressive Boxer)を受賞した長谷川穂積の表彰式が行われた。
e0042386_17291276.jpg
この賞は一年間で最も印象に残る活躍をした関西のボクサーに贈られるもので、05年度の初回は徳山昌守氏が受賞。第二回は長谷川で、第三回は該当者なしとなっている。

メインの池原は4、5、6差の3−0判定で勝ったものの散々なデキ。以前から防御勘の良くない選手だが、数段悪化している。タフなので何事もなく終わったものの、2回にヒッティングで左目上を切り、以後も並の選手なら倒れていてもおかしくないタイミングでカウンターをまともに喰いまくっていた。
リングサイドの放送席では六車卓也氏と辰吉丈一郎選手がこの試合を解説。
e0042386_173429100.jpg
先頃、一時的にタイ国バンタム級1位にランクされた辰吉が同級王者のガーオナーに向けて何をしゃべっているのかも少々気になるところ。15日26時30分より讀賣テレビで放送です。

というわけで、おれは別件があり、ここで退散。
二部では注目の奥本貴之(Gツダ)の日本デビュー戦は見たかったけど。
e0042386_1848419.jpg
その後、知り合いから電話があり「奥本負けた」と思いもよらぬ一報が届く。
グリーンツダジムがアジアのあちこちで玉砕覚悟の神風アタックを繰り返していた07年5月に15歳でタイでプロデビューし、二戦目には2回TKOで敗れたもののラタナポンに挑むなど型破りの道を歩んできた奥本も17歳となりJBCのライセンスを取得。
自信満々に新聞紙上で対戦相手を募集したところ「もしもし」と本当に電話をかけてきた昨年度フライ級中日本新人王・田中飛依(緑)にやられてしまうという笑えない話。
セミファイナルの本田秀伸(Gツダ)も辛うじての判定勝ち、メインの小松に至っては…最近持ち直してきたGツダジムには悪夢のような一日だったようです。
小松の初回2分16秒KO負けという結果については、昨年、ロセント・ベガ(メキシコ)に勝った時ほど驚きはなかった。これが現実でしょう。世界戦など言うに及ばず、亀田大毅からの対戦オファーも受けなくて正解です。本当に体が心配です。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-10 19:09 | Box
<< 中国中央電視台新本部ビル サムライソード >>