ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

尼崎スーパーファイトvol.33

e0042386_22504717.jpg
「第30回チャンピオンカーニバル・日本Sウェルター級タイトルマッチ」(2009年3月22日@淀川区民センター)
王者:野中悠樹(尼崎)○TKO7回1分38秒●同級1位:新井恵一(高崎)

雷も鳴る大雨の中、「尼崎スーパーファイト」を観戦してきました。
会場となったのは馴染みのない淀川区民センター。ボクシングでは初使用でしょうか。最寄りは阪急電鉄・十三駅とのことです。
e0042386_2323183.jpg
しかし十三で降りたのは久々。昨年、第七藝術劇場で映画「靖国」を観た時以来ですけど、相変わらず品のない街ですねえ。以前は仕事帰りによく寄っていましたが。
国道176号線沿いに歩くこと数分。なかなか目的地に着かずいらつき始めていたところ、「麻薬覚せい剤撲滅」なる標語看板の出た汚い建物の前にガラの悪い人が溢れかえってるのでさっさと通り過ぎようと思ったら、ここが会場だった。
e0042386_23102280.jpg
ちなみにこの会場の住所は大阪市淀川区野中南。まさか王者の名字とかけてここを選んだわけではあるまいな。というのも、汚い、狭い、駅遠いと褒めるところのない会場。アルカイックの方が全然いいです。

この興行に入る前に前日の後楽園ホールでの日本ミニマム級王座決定戦について触れておきたい。
試合は前半、圧倒的に劣勢だった同級3位・金光佑治(六島)が同級1位・辻昌建(帝拳)から最終10回に連打でダウンを奪い、1分9秒逆転KO勝ち。辻はカウントアウト後、リングに崩れ落ち、即担架で退場すると慈恵医大に緊急搬送。急性硬膜下血腫と診断され、開頭手術を受けた。意識不明の重体だという。
おれは仕事をしながら無音でG+の生中継を見ていたが、9回終了後、インターバルでの辻は意識朦朧としており、ダメージは明らかだった。ただ、ポイントでリードしているため、ましてやタイトル戦ということで、主審が試合を止めるのには無理があった。唯一、リング禍を防ぐことができたとすれば、辻の異変を一番近くで見ていたセコンドだったのではないだろうか。両者の気迫がぶつかり合った熱戦は、あまりに悲しすぎる新王者誕生となった。
今はとにかく、辻選手の回復を願うばかりです。

その影響もあって、この日の興行はストップが早くなることが必至だった。東日本からは福地勇治審判が遠征していた。
第一試合:角谷淳志(金沢)○KO1回45秒●佐藤逸(明石)
第二試合:山本隆寛(尼崎)○TKO2回50秒●中岡雅司(西日本協会)
第三試合:長島謙吾(尼崎)○TKO3回1分55秒●森本悠希(明石)
と、西日本新人王予選4回戦はすべてKO決着。なお、第三試合の長島は“コスプレK−1選手”として急激に有名になっている長島☆自演乙☆雄一郎の実弟。
e0042386_0193290.jpg
第四試合:西川良一(京拳)○判定●加治裕樹(尼崎亀谷)
セミファイナル6回戦に出場予定だった白井康太(尼崎)が頭部負傷でドクターストップとのことでキャンセルとなり前座は4回戦四試合で終了。16時30分に始まった興行は、10分間の休憩、3ラウンドのスパーリングを入れても18時前にメインに移った。

動員力のある野中だけに会場は満員になったと思っていたら、挑戦者の応援団が群馬から大挙して押し寄せており、応援は互角。国歌吹奏あり。
サウスポーの野中がスピードで圧倒すると思われた試合では、まったく噛み合ない前半戦が展開される。挑戦者の新井は出ていかず、ガードを固めて遠い距離に止まる。野中がは少々無理にでも左ストレートを打っていくが、遠過ぎて当たらない。新井は待ってましたとばかりに野中の左の打ち終わりに右を合わせようとするが、これも的中率は低い。
まったくパンチの当たらない野中よりは時々顔面を捕らえていた新井がポイントでは先行したが、4回にリング中央で足を滑らせた際に野中の右フックを当てられダウンを奪われる。これで野中にもリズムが戻った。積極性の乏しい挑戦者をロープに詰めると回転の速い連打で反撃を許さない。7回、連打からの左ストレートで文句なしのダウンを奪うと、再開後に同じパターンで倒してストップを呼び込んだ。前半の戦い方には課題を感じたが、結果的には野中の完勝といえるだろう。6回までの採点は57−56、58−56×2で三者とも王者がリードしていた。
V2に成功した王者は試合後、後輩の元日本Sフライ級12位・本田猛(尼崎)をリングに上げ、本田が網膜剥離になったことを明かし、「こいつの分も頑張る」と力強く宣言。
e0042386_0194498.jpg
昨年9月の決定戦から三試合連続で1位の選手を撃退しており、31歳になった今、キャリアのピークを迎えようとしている。
e0042386_0245296.jpg
なお、スカイAの中継が入っており、リングサイドの解説席には07年10月26日に後楽園ホールで空位の東洋太平洋Sウェルター級王座を野中と争い、3−0で勝利している日高和彦改め飛天かずひこ(新日本木村)が座っていた。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-03-22 23:45 | Box
<< ドラゴンボール実写版 ニータン湯呑み >>