ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

カテゴリ:Box( 415 )

宿命の拳

e0042386_1105126.jpg辰吉丈一郎に並ぶ国内最短の8戦目での世界王座獲得。わずか8戦,されどその8戦の中で,どれだけ時間が経っても解決してくれない残酷な過去を背負った名城にも神様がいたのだなというような一戦でした。
すべての運が名城に向きました。テクニック,スピードで圧倒する王者から初回に鮮烈なカウンターの左フックを貰う。これをゴングに救われたことでポイント・ロスにはつながらず,精神的な焦りも生じず,右ガードを上げる意識が働いた。王者の巧みなボディ・ワークの前に左ボディ・ショット以外はほとんど空転する中で,2回に右ストレートがヒット。早い段階で狙っていた王者の左目上を切り裂くことに成功した。8,9回を支配され,完全に王者のペースになったところで10回開始直後,王者の出血を危険視したレフェリーの唐突なストップ。何が起こったのか勝者さえも理解できずに生じた一瞬の間を置いて,東大阪アリーナは新王者誕生の歓喜に包まれました。
10回TKO,ブルーのメキシコ製8オンスグローブ,大阪府郊外の小さな体育館,技巧派王者を前に出て圧倒…15年前の奇跡のような一夜に内容は及ばなくても,奪い取ったベルトはあの夜と同じ輝きを放っていました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-07-25 01:15 | Box

WBC135暫定王者決定戦

e0042386_21495947.jpg海外でのチャレンジだから許されるものの,日本国内でやっていたら紛糾ものでしょう。それくらい日本人挑戦者のボクシングは酷かった。これで世界の舞台に立つのは失礼でしょう。ジャブとワンツーに固執した帝拳のボクシングは時代遅れなんですよ。今回もファースト・ラウンドで勝敗の趨勢は見えた。一本調子のアタックしかできないサンタクルスにとにかく左ジャブを出す。意図があってのものではありません。ジャブがファイターの突進を止めるという盲信からです。おれにとって時代遅れの帝拳の象徴的選手である八尋史朗,葛西裕一は有利といわれた世界初挑戦時,初回,ジャブに右クロスを合わせられてすべてが終わりました。稲田も同じでしょう。とにかく帝拳の選手は試合中にリズムを変えることができない。帝拳だから組めた世界挑戦だからこそ余計に頭にくるのです。
と,いいながらも筆者は西岡利晃の大ファンでありますが。
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-05-30 22:14 | Box

闘育論

e0042386_0113630.jpg教育書です(嘘)。かなり笑わしてくれます。亀田三兄弟ファンおよびアンチ亀田の方は必読です。みなさん,子育ては慎重に。
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-02-19 00:26 | Box

World Premium Boxing 1

e0042386_014265.jpgWBC世界バンタム級戦ですが,日本のチャンプがメキシカンを圧倒した夜でした。文句なしの内容。おれは挑戦者のヘラルド・マルティネスが西岡利晃と後楽園ホールで戦った試合を観戦しています。右の不気味なカウンター・パンチャーで,けっして弱い選手ではありません。しかもサウスポーのディエゴ・モラレスから試合直前の急な対戦相手変更と長谷川には好ましくない状況でした。それでいて,このパフォーマンス。挑戦者の右カウンターを警戒した前半は左ストレートを“見せ”に使って右フック中心の組み立て。スピードで決定的なアドバンテージがあるとわかった中盤以降は左ストレートを上下に散らして仕留めにかかった。長谷川の左の引き際に右ストレートを返そうとしていたマルティネスのボディへ堂々左ストレートを放つ。余程自信がなければできません。2ラウンドのマルティネスの2度のスリップはダウンの裁定でもおかしくない。この先,日本ボクシング界を支えていくのが長谷川穂積というボクサーであることを確信させた横浜の夜でした。

新井田は試合続行が許可されず,負傷判定となったことが不運だった。
[PR]
by the_leaping_hare | 2005-10-02 01:00 | Box

ワンミーチョーク

e0042386_2349024.jpg亀田興毅がデビュー8戦目にして初のタイトルを獲得しました。東洋王者とはいえ,力量的には見るべきところのないワンミーチョークに勝つのは当然としても,圧勝した点は評価できると思います。なかでも初回40秒に奪った左ショートのカウンターでの最初のダウンは誰にでも打てるパンチではありません。ガードが高くなったのも世界を目指すうえで必要なこと。「人一倍練習しているつもりやから」という言葉が嘘でないことを試合内容が示しています。タイ人の弱小王者相手の筋書き通りの戴冠劇とはいえ,おれのように亀田をさほど評価しない人間を少々黙らせるには十分な内容でした。
[PR]
by the_leaping_hare | 2005-08-25 00:32 | Box