ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

カテゴリ:Keirin( 64 )

リークル

五輪開催中で誰も注目していない中,明日23日から福井競輪場で「G2・ふるさとダービー」が開催されます。
福井でのふるダビは4年ぶり5回目とのこと。福井競輪場には数回行ったことがありますが,ふるダビ開催時に訪れたことはありません。なぜか部屋を片付けていたら,だいぶ前にもらった福井競輪のハイウェイカードが出てきました。
e0042386_13395550.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-08-22 13:45 | Keirin

その時,世界が息をのむ。

吉田沙保里選手の圧倒的な「金」も,伊調千春選手の完全燃焼の「銀」も,中村礼子選手の執念の「銅」もすばらしかったですが,16日,何に一番感動したかというと文句なしに老山自転車館でのケイリン,永井清史の“ミラクル”です。おれの中ではフェンシングの太田雄貴選手を超えて今大会ナンバー1の予想外のメダリストです。

これはもう快挙ですよ!
五輪・自転車トラック種目での日本勢のメダル獲得といえば84年“ロスの超特急”こと坂本勉(当時・日大)のスプリント「銅」,96年“アトランタの星”こと十文字貴信の1000メートルT.T.「銅」,まだ記憶に新しい04年“アテネの銀脚”こと長塚智広,伏見俊昭,井上昌己によるチームスプリントの「銀」に続く四個目。しかも柔道に次ぎ二種目目となる日本が発祥の五輪正式種目であるケイリンでの初のメダル。今大会直前,ケイリンを五輪種目にするため日本からUCI(国際自転車連盟)に不正な金銭の流れがあったと英国BBCが報じたりもしましたが,発祥国としての面目躍如の快走です。

00年シドニーから正式種目となったケイリンで,日本勢は当時,競輪界最強であった神山雄一郎,太田真一を送り込み初代王者を狙うも惨敗。続くアテネでもすでにチームスプリントでメダルを獲得して達成感に浸っていた伏見は予選敗退。競輪とケイリンはルールも,バンクも,自転車も,レース形態も別物。“お家芸”などとは口が裂けても言えず,日本人が通用する種目ではないということが競輪ファンの常識でした。

それを覆す常識破りの男が出現したのです!
この日も仕事だったおれは準決勝終了直後にある筋から「永井が決勝進出!」という一報を受けたため,「これはすごい!」といつ中継が切り替わっても対応できるように職場のテレビ三台をNHK総合,BS1,民放にそれぞれ合わせてスタンバイしたのだけど待てど暮らせど,話題が自転車に移らない。そうしてスタート予定時刻も過ぎた頃,またもある筋からの「銅メダル」という信じられない速報が届いたのです。狂乱しましたな。しかし民放はともかくNHKはメダル獲得の可能性が浮上したのだから即座に対応せんかいな。前回アテネでは,準決勝を突破した直後に「銀メダル以上確定」との速報を入れて,決勝は生中継だったように記憶しているのですが,今回は悲しいほど無視されました。実際のところ星野JAPANは民放に任せておけばいいし,男子バレーなんてのは生中継する価値ないだろ!競輪には興味がなくてもメダル獲得の瞬間をリアルタイムで見たいっていう人もいるだろうし,それに応えてこそ公共放送といえるんじゃないかね。
こんな調子だからおれがこの銅メダルがどれだけすごいことかっていうのを職場で丹念に説明しても「ケイリンなんだから日本は強いよ。これくらい普通」とか言う奴まで出てくるんだよ。中野浩一の解説付きの映像見てから言えっていうんだよ,まったく。

そして日本では日付も変わった17日0時30分頃,ようやく放送がスタジオに切り替わり,銅メダルを首にぶら下げた永井が生出演。この選手,デビュー時からナショナルチームに入っていたためそれなりにメディアへの露出もあり,当時は明らかに頭の回転も言葉のキャッチボールにも問題を抱え,公家のような顔つきとあまりにスローなしゃべりから「麻呂」とかいうありがたくない別称まで付けられており,生で出して大丈夫かいなと不安に思ったのですが,心配無用でした。気の利いたことは言えないけれど,誠実に一生懸命答えていることがしっかり伝わってきました。何を聞かれても「世界との力の差を感じました」とどこまでも謙虚でした。

NHKも想定外のメダリスト出現にどうしようもなかったらしく,青山祐子アナが「競輪とケイリンはルールも違うので,メダルを獲得したレースを永井選手に解説してもらいましょう」みたいなことを言って決勝の映像を流したのですけど,見事なレースでしたね。「外国人選手はみんな速いので取れなかった」とまずはS取りに失敗したことを明かした永井は最後尾で周回を重ねる。青板過ぎから永井が上昇し,迷わず仕掛ける。赤板で流し気味に先行態勢に入ったところをクリス・ホイ(英国)がカマすと,このダッシュに誰も付いていけず前にいた永井が絶好の番手回り。ホイと永井の脚力が同等近くであれば優勝も狙えた展開だったが,ホイの圧倒的な強さを前に永井は付きバテし,直線でロス・エドガー(英国)に交わされたものの,粘って3着というのが競輪用語乱発のレース回顧。いやー,よくがんばった。積極的に仕掛けたからこそ好展開に繋がりました。しかし,前日のチームスプリントの時にも思ったけど,ホイの強さは異常でしたね。

思えば前回アテネで,唯一世界で勝負できるとされていたチームスプリントで,永井は第三走者を務める予定でした。しかし当時の監督である豪州人のゲーリー・ウエストが「ナガイのハートではオリンピックは戦えない」として五輪直前に代表から外される屈辱を味わっています。そういう背景や,自転車競技の現状を知っている人から見ればこの銅メダルがどれほど輝かしものなのか共感できると思います。

しかしこれで競輪界のロンドンへの方向性は定まりましたね。狙いはもちろん北都留翼,渡邊一成,そして永井で組むチームスプリント。フランス人のフレデリック・マニュエ監督は四年後を見据えているからこそ今回敢えて伏見,長塚を呼んでその経験をチームに植え付けようとしたのでしょうが,結果をさほど求めていなかった北京でとんでもないうれしい“誤算”が生じましたね。

獲れると思っていなかった種目,だけど最も欲しかった種目でのメダル。
「銅メダルで終わらず,ロンドンではもっと上のメダルを目指したいです」という永井の言葉は競輪界の未来を照らします。競輪選手の場合,収入(賞金)補償という側面もあるため関係団体からの報奨金は最低でも5000万円はあると思いますが,1億円あげてもいいと思います。五輪個人種目でのメダル獲得者には12月30日のグランプリへの優先出場権も与えられるはずなので,本業での躍進をも期待します。
e0042386_6432618.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-08-17 06:50 | Keirin

第17回 寬仁親王牌

e0042386_12514977.jpg開催していることすら忘れていたら,もう決勝を迎えていました。メンバー見てがっかりですよ。宮杯に続いて東日本勢8人,西日本1人という構成。現在の競輪界が“東高西低”であることがモロに表れています。つまんねー。
周回予想:58,2,1,6,9374
平原−飯嶋,渡部,手島,小橋,新田−山崎−岡部−成田

例によって勝ち上がり段階は見ていないので誰が好調なのかは知りません。飯嶋が地元・手島を差し置いて番手を主張したため関東の4人はまとまることができず,逆に“北のもめごと王”岡部がいるにもかかわらず福島の4人はがっちり結束して一本棒。新田が逃げて山崎番手捲りの舞台は整っています。主導権を取らなければ話にならないグリーンドームだけに手島か小橋が切り込んでいくと見て,ごちゃついたところを渡部の一発。
狙い:2から1,3,6,7,8
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-07-08 13:10 | Keirin

第59回 高松宮記念杯

e0042386_16494.jpgなんですか,これ。決勝メンバーが東の選手ばかりじゃないですか。かつては準決勝まで東西に分かれてレースを行っていた宮杯の面影はまったくありませんな。興味の沸かないメンバー構成ですね。3日目にはシステム障害でインターネット投票がダウンして売り上げも最悪な今大会。一年分の赤字を宮杯で取り返すつもりの大津びわこ競輪場としてはもう泣きっ面に蜂な決勝戦ですな!
周回予想:91・8・63・74・25
山崎−伏見,小倉,武田−神山,新田−渡辺,平原−手島
3日間まったく見ていないので,誰が調子いいのか知りません。関東が栃茨と高崎線に分かれて別線となった細切れ戦。西日本唯一の優出者・オグリューは「位置を決めずに単騎で」のコメントだが,東北の後ろと考えるのが妥当。500バンクの細切れ戦ということでペースダウンするところを山崎が大駆け。後ろの先輩・伏見はこのレースを最後にケイリン(北京五輪)に専念するため競輪から一旦離れることになるので,餞別も兼ねての大逃げです。
狙い:1−8,1−7,1−5
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-02 23:44 | Keirin

ふるさとダービー弥彦

e0042386_247428.jpg田舎競輪場の活性化を目的に,89年から始まったふるさとダービーも今年がラストイヤー。まずは日本唯一の村営競輪場である新潟県西蒲原郡弥彦村にある弥彦競輪での開催です。おれは村上義弘が悠々逃げ切った02年のふるさとダービー弥彦で当地を訪れたことがあります。地酒を大量に買い込んだり,衝撃を受けるほどうまい枝豆「弥彦むすめ」を食べ続けたり,弥彦山ロープウェーに乗って佐渡島を眺めたりと御気楽に過ごしていたところ,6人が落車した決勝で大損害を被ってしまったという苦い過去を思い起こします。決勝戦
周回予想:398・256・147
小嶋−加倉−鈴木,山崎−有坂−小橋,平原−諸橋−手島

今年のダービーと同じ小嶋,山崎,平原による三分戦。この三者がそれぞれ本命を背負った準決勝の3レースは,いずれも捲りで一番人気で決着。文句なしに今,日本で一番強い三人がぶつかり合います。それはそれで楽しみなのですが,残念なのが番手を回る選手が揃ってショボイこと。かと言って,自力3車のボックスではさほど魅力のある配当が望めそうにありません。
山崎が先行した駿府ダービーでは,社長は内に詰まって出番なし。平原は捲り不発。山崎の番手の渡辺晴智が優勝しました。いくら社長が頭を使わないとはいえ,同じミスを繰り返すとは思えません。ここは社長が豪快に逃げると予想します。4倍数のギアを使う山崎と平原は中団争い。番手・加倉は佐渡島まで行っても社長を抜けない。社長と山崎が叩き合いをした場合の平原が捲りを押さえて。
狙い:3−9,3−8,3−5,1−4,1−8
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-04-22 03:32 | Keirin

第61回日本選手権競輪

e0042386_23524947.jpg決勝戦
周回予想:36・9247・518 平原康−藤原憲,小嶋敬−山田裕−山口幸−濱口高,山崎芳−渡辺晴−合志正

5年ほど前を思い起こさせるような中部ライン。知恵袋の濱ちゃんが四番手を固めても,この面々が策を練ると失敗します。三連勝と抜群に強い山崎は援軍がいないが,捲り追い込みでは番手捲りもある中部に抵抗できない。よって主導権取りに動く。勝つための舞台が用意された地元の雄・ハルトモが山崎の番手から鬼の差し。
狙い:1−8,2,3,5
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-03-22 23:52 | Keirin

KEIRINグランプリ07

e0042386_23292656.jpg
グランプリです。
今年は競輪全然やってなくて,車券買ったの3レースくらい。払い戻しは一度も受けてないと思います。
周回予想:46・27・935・18 手島慶ー兵藤一,佐藤友ー有坂直,山崎芳ー伏見俊ー飯島則,小嶋敬ー渡辺晴

山崎に先行されると捲り切るのは苦しい。思い切って仕掛ければ群馬勢の切り替えが見込めるだけに,小嶋社長の大駆けもあると見る。ハルトモの番手一気よりは社長の押し切りが2007年の競輪界のクライマックスを飾るには相応しい。
狙い:1=8,1−4,1−6
e0042386_2323014.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2007-12-30 01:41 | Keirin

第16回 寬仁親王牌

e0042386_11412759.gif親王殿下は療養中でも決勝は行われます。
周回予想:74・9563・821 荒井崇ー渡部哲,佐藤友ー伏見俊ー成田和ー岡部芳,永井清ー小嶋敬ー手島慶

9人全員が自力を持つ超激戦。競輪場というより競技場といった方が相応しい前橋ドームで勝ち抜くには早仕掛けが有利なことをこの決勝メンバーが表しています。ヤングGPでもそうですが,こういう選手構成では逃げる選手はいらない。三分戦の今回,無欲に賭けるのは大御所・小嶋社長と地元の手島が付く永井でしょう。佐藤と荒井が中団を取り合うことも考えられ,二段駆けは決まる可能性は低くない。準決勝繰り上がりで運に乗る小嶋社長ですが,発進失敗の場合も押さえて。
狙い:2ー1,2−3,2−9,9−1,9−5
[PR]
by the_leaping_hare | 2007-07-03 11:28 | Keirin

KEIRINグランプリ06

e0042386_443872.jpg
いよいよグランプリです。
周回予想:195・62・8・34・7 山崎芳ー佐藤慎ー有坂直,手島慶ー後閑信,井上昌,吉岡稔ー合志正,小倉竜

27日に引退報道が流れた吉岡は井上を使わず自力勝負とのコメントを出した。ただ,小倉が井上後位を明言しないことから,レースが動き出す時点での井上ー吉岡のドッキングは十分考えられる。この結合を阻むのが手島。番手を取りきって,抜け出すところを最後は後閑が豪快に差して。
狙い:2=4,2−7,2−6,2−1
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-12-30 01:03 | Keirin

空中バンク

e0042386_1261966.jpg

新装したいわき平での全日本選抜決勝戦
周回予想:386・71・5・42・9 手島慶ー兵藤一ー稲村成,平原康ー神山雄,市田佳,荒井崇ー合志正,渡部哲

ファイナリストのうちGP出場当確は手島だけ。GPを考えれば,最低でも関東から優勝者を出したいところ。平原ライン三番手を市田に渡さない競走になるだろう。黙っておいても仕掛け遅れて後方待機の荒井は無視する。直線が長いと評判の新バンクで三番手から手島が抜け出す。
狙い:3=1,3−9
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-12-05 01:36 | Keirin