ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

優勝グッズ

e0042386_225897.jpg2年前は即完売だったスポーツ新聞ですが,今年は普通に余っていますね。阪神の優勝は20年に一度くらいがちょうどいいかと思います。今朝,「スポーツ新聞5紙セット」なるものを買ってみたのですが,なぜかサンスポは見当たらず,代わりにデイリーが2部入っていました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2005-09-30 22:24 | Others

阪神

e0042386_3582738.jpg

あっ,そうですか…優勝したんすか。ここまで酔いしれ,感動できるちゅう関西人のメンタリティーが理解できんわ。って言いながら,おれも現地にいたんですけどね…
[PR]
by the_leaping_hare | 2005-09-30 04:00 | Others

ライフ・イズ・ミラクル

e0042386_261190.jpgエミール・クストリッツァ監督の映画が大好きです。

ここでも悲劇と喜劇が交錯します。戦争,そしてそれを起こしてしまう人間の愚かさをどこまでもナンセンスにコミカルに描きながらも,同時に哀愁が漂う。重すぎるテーマをノースモーキング・オーケストラのエネルギッシュなジプシー・サウンドがかき消す。

舞台は1992年,旧ユーゴ・ボスニア南東山間部。内戦が勃発,妻には逃げられ,一人息子は徴兵に取られる。自らの社会的存在を見出せない鉄道技師のセルビア人中年男に突然舞い降りた恋の物語。

絶望とはなんたるかを知り尽くしたクストリッツァ監督だからこそ描ける映画。そこでは絶望的状況下でも生きるという選択をした人(驢馬)たちに奇跡が用意されています。人生のすばらしさ,生きるための勇気,愛の持つ力をどこまでも力強く訴えかけてきます。

そう,人生には愛の翼で空高く飛べると信じることのできる瞬間が必ずあるのです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2005-09-24 01:44 | Movie

名古屋オールスター

e0042386_21451135.jpg5日間開催のトライアル制にしたことで,あらゆる方面から批判の嵐に晒されている今大会ですが,ようやく決勝戦を迎えました。
周回予想:5・2(84・396)・71 神山雄,金子貴(松岡彰ー前田拓,佐藤慎ー有坂直ー坂本勉),吉岡稔ー小野俊

共同会見では北日本が並びを明言できず選手紹介待ちとなりましたが,ロスの超特急が前回りするメリットが見当たらず,慎太郎が先頭になると考えます。金子の先行一車。デキも抜群で文句なしの本命ですが,この選手はこういう恵まれ過ぎたレースは得意ではありません。先行はすると思いますが,残れないでしょう。よって,狙うは今大会直前に歴史的和解を果たした九州の両雄。それも勝てば完全グランドスラム達成となる吉岡のアタマで。金子後位大縺れで,吉岡が下手を打った場合の大穴狙いは内突ける両者。
狙い:7ー1,4=9
[PR]
by the_leaping_hare | 2005-09-18 21:50 | Keirin

初秋

ずいぶん和らいできたとはいえ,まだ暑いっす。Tシャツ一枚で全然平気ってことで。
e0042386_1165623.jpg

T-shirt : eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN
[PR]
by the_leaping_hare | 2005-09-18 01:08 | Fashion

Extraordinary Ways

e0042386_0432646.jpg前作,1stの『Conjure One』は2002年におれがもっとも聴いたCD。DeleriumのRhys Fulberによるソロ・プロジェクトの2ndです。「う〜ん」って声も多い今作ですが,いやいや全然すばらしいっすよ。3曲目の『Pilgrimage』なんてDeleriumの『Chimera』の終盤に入れても違和感ないでしょ。妖しいというよりも,心が洗い流されるよう,ただ美しい。でも,5曲目のヴォーカルだけはいらんわな。
[PR]
by the_leaping_hare | 2005-09-11 00:56 | Music

矢場とん

博覧会好きです。愛・地球博にすごく行きたいんですが,時間がありません。先日,知人が行ってきたので,「モリゾー&キッコロ」グッズをお土産にお願いしましたところ,なぜか「矢場とんTシャツ」をいただきました。いや,うれしいんですけどね…
e0042386_23281578.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2005-09-05 23:32 | Fashion