ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

悠久の風

e0042386_0514515.jpgふらふらと歩いていたところ,普通に全色売ってましたもんで衝動買い。正確に言うと,このソフトが欲しかったから衝動買いというところです。F.F.は1st〜8thまでクリアしておりまして,最高傑作は5thと思ってますが,この作品も大好きです。当時は中学生だったっけ?発売当日に購入したことを覚えています。

NINTENDO DS Lite:Enamel Navy
FINAL FANTASY Ⅲ
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-08-26 01:03 | Others

足元注意

e0042386_2355137.jpgTシャツにデニムでお出かけ…って感じなのですが,この夏の足元はというとこれ。シンプルなのか複雑なのか理解に苦しむところですが,意外にどんなスタイルにもマッチしてくれ,助かっています。

Sneakers:PUMA by MIHARAYASUHIRO MY-18 Leather
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-08-21 23:57 | Fashion

ORIGINAL STANDARD

e0042386_23505270.jpgA.P.C.のデニムが好きで大学生のころ毎日履いてました。お尻の破れた穴が「おしゃれ」というには限度を超えた時点でおにゅうに買い換えるって感じで,ボロボロの履き古しは今でも四枚くらい持っています。それがいつの日か定番がローライズに変わってしまって,一度買って完全に見切りました。もう二度と会えないと思っていたかつてのモデルがこの夏,オリジナル・スタンダードとして復刻。もちろん購入しました。当時は13,000円だったと思いますが,復刻版は15,000円。若干丈が長くなっているような気がします。オールド・ファン以外には不評のようで今後,継続販売の予定がなさそうな雰囲気なので,もう一着買っとこうと思います。
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-08-21 23:52 | Fashion

B.B.V

e0042386_23182418.jpgやっぱり,こういうの一枚でふらふらしているのが落ち着きます。

UNDERCOVER 2006/2007 A/W
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-08-21 23:22 | Fashion

裏チェック

e0042386_2303697.jpgまだまだ暑い日が続いていますが, すでに秋冬二回目の入荷も完了してしまいました。これは06/07AWのHOMME初回分です。パッチワークシャツもですが,このところHOMMEにすごくそそられております。

belt:COMME des GARCONS HOMME 2006/2007 A/W
wallet:COMME des GARCONS HOMME 2006/2007A/W
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-08-21 23:12 | Fashion

ビッグスワン

e0042386_22515263.jpg新潟に行っておりました。雪国の夏,すんごく暑かったっす。
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-08-21 22:53 | Others

ふるさとダービー富山

e0042386_1424019.jpg台風7号の襲来を目前に幕を閉じる今大会。G2の決勝というにはしょぼいメンバーですな。
周回予想:27・1・568・943 平原康ー渡邉晴,加藤慎,渡部哲ー梶応弘ー小川巧,武田豊ー大薗宏ー大塚健

関東別線。番手が脚力不足のため押し切れる公算大(渡部,武田),番手が仕事人(平原)と,自力3人からすれば先行するのも悪くない構成。後位を競らせれば逃げ切りの可能性はさらに高まる平原が逃げる。番手に大塚が絡んでハルトモとクレイジーな競りを演じ,両者消耗。ゴール前は逃げる平原,3番手からコースを突くシンペイ,捲り追い込む渡部のボックスで。
狙い:1,2,5のボックス
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-08-08 02:09 | Keirin

玄海のリュウ 散る

e0042386_11124772.jpgマリンメッセ福岡での二度目の世界戦。前回もWBC世界フェザー級戦でした。
VTRを見て,確実に勝てると踏んで選んだ挑戦者だったのでしょう。しかし40戦を超えるキャリアを持ちながらも,初めて対戦する中南米のボクサーということは考慮すべき側面だったのではないでしょうか。遅れたタイミングで放たれるパンチへの対応がまるでできなかった。
日本王者時代の主武器であった右フックを右肩腱盤断裂で諦め,新たなスタイルを構築して世界を極めた越本。速い左ストレートをリード・パンチのように使い,サウスポーの特性を活かした距離感に頼るアウト・ボクシングにすべてが集約される。
その距離感が初回からおかしかった。左が伸びず,ロペスの侵入を許す。右のガードは上がらず,大振りの左ロング・フックを食う。左パンチを強打するため2回から左構えを織り交ぜてきたロペスは4回以降,倒されることはないと踏んだのか完全にファイターとして戦い,スタミナ切れの兆候が見え始めたところでなんとか押し切った。
負ける相手じゃなかったことが残念で仕方ありません。それでも福岡にこだわり,35歳まで諦めず,満身創痍で世界の頂点に輝いた。ボクサー越本隆志の足跡は色褪せることはありません。
[PR]
by the_leaping_hare | 2006-08-02 11:46 | Box