ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

高砂のサラテ

e0042386_2238538.jpg高砂ジム初の王者であり,その日本人離れしたボクシング・スタイルから「高砂のサラテ」の異名を持つ日本バンタム級王者・三谷将之の二度目の防衛戦。会場の高砂市総合体育館におれが足を踏み入れるのはウィラポン×西岡・第一戦以来のこと。アクセス最悪に加えて土足厳禁の会場ですが,行って良かった。この試合が後楽園ホールで行われていれば,王者に対し,即「世界」の声が関係者,ファンを通じてあがっていたことでしょう。

2月1日から1ヶ月半に及ぶ自身二度目のメキシコ武者修行の成果を存分に見せてくれました。両ガードを高く上げたリカルド・ロペスやJ・M・マルケスによく似た構えから左ジャブを飛ばし,何パターンもあるコンビネーションを突如繰り出す。アフロの指名挑戦者・寺畠をまったく問題にしませんでした。初回の前半は高速レフトを上下に散らし,後半になって左フックと右ストレートを加える。前に出ることでしかペースをつかめない寺畠を焦らせておいて,2回早々にワン・ツー,左フックの3連打で試合を決めました。ふらふらになりながらも立ってきた挑戦者に再度左フックでダウンを追加。即座に主審は試合をストップしました。わずか248秒。しかしそれは衝撃的な時間でした。
[PR]
by the_leaping_hare | 2007-04-17 22:45 | Box

統一戦

e0042386_345835.jpg薬師寺×辰吉戦以来となる史上二度目の日本のジムに所属する世界王者による統一戦。熱戦でした。ただ,試合後の高山陣営の言動がせっかくの好勝負を台無しにしてしまいました。
おれの採点は115-113で新井田。手数では文句なしに高山,12ラウンド通じてほとんど失速しなかったことを考えるとペースも高山が支配していたと考えてもいいかと思います。けれども,有効打で高山というのはどうか。高山の左ジャブはあまりに軽く,しかも大半がブロックされていた。右クロスと左ボディは効果的でしたが,それとて新井田の派手な左右アッパーを覆すほどのものではありませんでした。つまり高山の勝ちという見方もできないことはないという内容です。
それだけに,試合後の応援団の品のない野次,陣営の八百長発言,本人の仕組まれたとしか思えないという発言は無用でした。常軌を逸したそれらの言動がこの上なく見苦しい敗者を生んでしまいました。
e0042386_01236100.jpg
e0042386_3452779.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2007-04-15 01:01 | Box

四月物語

e0042386_0283137.jpg四月初旬にちょいと東京に行っておりました。それで,仕入れてきたものがこれ。「スターバックス ディスカバリーズ」のQandi<キャラメル>とPASMO。予想以上の売れ行きで早速販売制限となってしまったパスモを「おれ持ってるもんねー」って言えることはうれしいんですが,首都圏限定かと思っていたディスカバリーズのキャラメルは,中部3県と近畿でも10日から売ってるじゃないですか。偉そうに「おみやげ」と知人に渡してから気づきました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2007-04-15 00:36 | Others

平成十九年亀田場所

e0042386_22173325.jpg前WBA世界L・フライ級王者・亀田興毅のフライ級復帰第一戦。WBC12位にランキングされるメキシカンを文句なしの判定で下しました。高く上げた両腕で顔面を隠したまま,鋭い踏み込みから単発のパンチを打ち込む。大苦戦を演じたランダエタ第一戦に近いスタイルで戦いました。
後半のラウンドをいくつか失いはしましたが,ダウンを奪っての勝利です。バランスが崩れず,独特のリズムで左右アッパーを入れてくるモラレスに慌てることなく対応できたのはランダエタとの二連戦の経験が生きているからでしょう。
しかし本来のウェイトというフライ級に戻した割にはパンチが感じられません。まともに被弾していたモラレスは効いた様子がなかった。亀田のことを強打者などとは思ってはいませんが,モラレスにこの程度のダメージしか与えられないのであれば,ガードを固めて強打を放つスタイルは諦めた方がいいでしょう。
[PR]
by the_leaping_hare | 2007-04-01 01:11 | Box

計量失格

e0042386_14213288.jpgパーラの愚行により,ボクシングが汚されてしまいました。計測値は公表されないものの,リミットの3パーセント超が基準となるWBAルール「五日前計量」が日本では初めて実施された世界戦。パーラの体重超過疑惑は早くから囁かれていましたが,一回目の計量で2.7キロオーバーだって。2階級上じゃん。ふざけんじゃねえ。
結局,タイトル戦を成立させる苦肉の策としてバンタム級リミットで当日再計量を行い,試合を決行。リングの上でも前王者の意地などはひとかけらもなくお粗末の一言。始まりから終わりまで,すべが最低のタイトルマッチでした。協栄&TBSが絡むとボクシングの権威が汚されることが多いですな。

真っ白に燃え尽きたようなふりしても許さんわ。 ↓ ↓ ↓
e0042386_032577.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2007-04-01 00:35 | Box