ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2008年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

千里馬スーパーファイトvol.28

e0042386_3432692.jpgえー,非常線を張ってみたにも関わらず,ディアス−パッキャオ戦の結果をあっさり知ってしまいましたよ。嫌な時代になったもんですな。第一報は警戒していた携帯メールから。九石ドームでのJ1戦・大分−神戸を観戦中の知人から送られてくる情報に紛れて興奮抑えきれぬ東洋人さんが送信したメールが届いており,これを不注意にも目にしてしまいました。その後も神戸サンボーホールでのボクシング観戦中,出社してからの仕事中にも幾度となく目や耳から入ってくるわで,この情報を断絶するという試み自体がそもそも無謀だったようです。でも,結果を知ってしまったからこそ余計に思うんだけど,この試合は真っ白な状態で見たかったよ。

そんなわけで神戸サンボーホールに行ってきましたよ。
会場入口に早速張り紙。今回のポスターはギャグでつくっているのだと思いますが,“静寂の破壊王”のキャッチフレーズが光る武本在樹の試合中止を詫びる掲示文です。
e0042386_3434431.jpg

さて,千里馬ジム勢ですが,大将格・武本の失態を挽回せんとばかりに奮起。多少,判定に救われた感もありますが,5勝(1KO)1分けと無敗で乗り切りました。ただし,本来なら武本と共にトリプルメインを飾るはずだった日本スーパーバンタム級3位“魅惑のボクサー”こと玉越強平と東洋太平洋スーパーフライ級5位“ドリームブレーカー”ことジェロッピ瑞山はもうひとつの内容。
6勝(3KO)5敗1分けと格下の山本直(守口東郷)を迎えた玉越は初回に早々とバッティングで左目上を切ると,受けに回る場面が増え,5回には再びバッティングで眉間もカット。見せ場なく,7回2分20秒にこの試合4回目のドクターチェックで終了です。平凡な負傷判定勝ちに終わりました。この内容では東洋太平洋同級王者ウエート・サックムアングレーン(タイ)への再挑戦にゴーサインが出ないのではないでしょうか。
続いてメインで出てきたジェロッピは,リスクが大きくメリットが少ないという現在の立ち位置が嫌われ,対戦者選びに苦戦。結局,二階級“増量”して,8勝(4KO)7敗3分けの西正隼(正拳)と戦いましたが,初回から右フックを上下に叩きつけ圧倒するものの,体が重いのかキレがなく判定勝ち。耐えた西の健闘も光りましたが,試合後救急車が来ていたのが多少気になりました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-30 04:56 | Box

世紀の一戦

今週,矢吹丈(丹下)と幕之内一歩(鴨川)が対戦するという情報を知人が教えてくれたので,十数年ぶりに週刊少年マガジンを買いました。
コンピューターでのシミュレーションによる試合は,二階級上の体格差もあり,一歩が三度のダウンを跳ね返し,最後は右のジョフレ・アッパーで5回2分53秒KO勝ちしています。
e0042386_2292040.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-29 02:36 | Box

計量

e0042386_20551311.jpgパッキャオが四階級制覇に挑む日がいよいよ明日に迫ってきました。体格という壁は,その圧倒的なパワーと踏み込みの速さの前では大きな問題にはならないでしょう。快挙達成を楽しみに待ちます。
思えば98年12月に敵地・プタモントンに乗り込み,チャッチャイ・サーサクン(タイ)を豪快に倒して初めて獲得した世界王座はWBCフライ級。現在,このタイトルを保持するのが内藤大助であることを考えると,スーパーバンタム,スーパーフェザーを経てのライト級挑戦ということがどれだけ常識破りなのか際立って見えます。フライ級(50.80キロ)からライト級(61.23キロ)への壮大な夢の軌跡。東洋史上最強のボクサーがアメリカ人王者デビッド・ディアスに襲いかかります。

そういうわけで,明日は全世界注目のファイトが行われるわけですが,とりあえず月曜20時からのWOWOWのタイムリー・オンエアまで情報を入れないよう努力してみるおれは,神戸サンボーホールでひっそりと開催されるローカルファイト「千里馬スーパーファイト vol.28」に出向くつもりでしたが,飛び込んできたのが「武本在樹体調不良で計量失敗。ドクター・ストップで中止」との報。なんじゃい,それ!
e0042386_20371648.jpg
e0042386_20373420.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-28 21:14 | Box

大橋ジムと大橋アナ

e0042386_2322439.jpg今更ながら4月30日にBS−JAPANで放送された大橋ジムのトリプルメインイベントを見たのだけど,いきなり度肝を抜かれた。なんとオープニングが「東京12チャンネル KOボクシング」のそれなのだ。タイソン,ハーンズ,ロイヤル小林,新人王時代の鬼塚,レナード,花形進,高田次郎,龍反町と畳みかけて,ユーリ,竹原,“プリンス”圭司,果てはミッキー・ロークの“猫パンチ”に繋ぐセンス。テレ東のボクシング担当は相当なマニアとの噂があるが,これには感動した。
そういうわけで,おれは現在の民放でのボクシング中継はテレ東を支持。日テレはセンスなし,TBSはボクシングへの愛がなし,フジはK−1とボクシングの違いを理解していないし,テレ朝はボクシングを扱わないし,困ったもんです。
その点,テレ東はリングサイド・レポーターは大橋未歩アナだし,サービス満載ですよ。徳山昌守と川嶋勝重という解説者のチョイスもグッド。以前の「ヒートアップボクシング」も好きでした。今後もどんどんボクシングを放送してください。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-27 03:01 | Box

挑発Tシャツ・V6×BEAMS版

WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積選手と「BOXER」のコラボによる“挑発Tシャツ”をいただきました。BEAMS限定版とのことでチャンプの指先にBEAMSのマークが浮かんでいます。
e0042386_22381297.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-26 22:38 | Fashion

マンゴーレイン

期間限定ピノを食べて仕事に向かいます。マンゴーの王様「アルフォンソマンゴー」味です。
e0042386_16181329.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-25 16:20 | Food

MAGICAL NIGHT

e0042386_13121492.jpg「WBA/WBCスーパーフライ級王座統一戦」(2008年5月17日・アウデトリオ・センテナリオ)
WBC王者クリスチャン・ミハレス(メキシコ) ○判定● WBA王者アレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)

WOWOWにて日本でもお馴染みの王者による王座統一戦が放送されました。日本人に3勝(2KO)のミハレスと日本人に7戦全勝(3KO)のムニョスがミハレスの地元・メキシコはデュランゴ州ゴメス・パラシオで対戦。サウスポーの技巧派と右構えのハードパンチャーという正反対のタイプの選手の激突です。
試合は序盤,右ストレートをミスしようとお構いなしに右アッパーにつなげるムニョスが強引にペースを握ろうとしますが,ミハレスが巧みなボディワークで被弾を許さない。あまりに落ち着きすぎていて「受け」に回る時間が長く,いくつかのポイントを失いますが,空振りの連続で疲れの見えるWBA王者に8回終盤,痛烈な左カウンターを決めて優位に立ちます。近年のムニョスは打ち疲れた際には重い左ロングジャブを使ってポイントを稼ぎながら休むことをよくしていますが,ミハレスは左構えということもありジャブも当て難い。逆に攻撃が雑になったところに,ミハレスのシャープな右ジャブをカウンターで浴び続けました。判定は意外なことに2−1(116−111,113−115,115−112)と割れましたが,ミハレスの勝利。なお,6回にラビットパンチでムニョスが減点1。おれの採点は116−111で,明らかにミハレスの勝ちに見えました。

セミ・ファイナルでは内藤大助(宮田)の保持するWBCフライ級王座の指名挑戦者決定戦が行われ,同級3位フリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)が5回TKOで4位オマール・サラド(メキシコ)を破り,内藤への挑戦権を獲得。このミランダという選手,かなりラフな左フッカーでした。防御意識はないに等しく,とにかく力を込めた左フックを叩き込む。基本スタンスはオーソドックスですが,より強い左フックを打つため時折,左構えにスイッチする。ディフェンスもバランスも相当に悪いですが,それをカバーするパワーは少々不気味に映りました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-24 13:54 | Box

アルプスの少女

ユーロで延長戦が多く,睡眠時間が減ってしまってどうしようもないです。QFの4試合は勝敗予想全部外れました。応援しているチームも全部負けたので残りは結構どうでもいいです。今から白パンを食べて仕事に出ます。
e0042386_15554486.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-23 15:55 | Food

The REAL 〜World Premium Boxing 6〜

e0042386_2056491.jpg戦前の評判通りともに王者が力の差を見せつけて勝利したダブル世界戦でした。

WBAスーパーフェザー級戦で王者エドウィン・バレロ(ベネズエラ=帝拳)に挑んだ嶋田雄大(ヨネクラ)の工夫と勇気は確かに見えました。右構えの嶋田は時計回りで距離を取ることを基本的な方針としながら,サウスポーのバレロの右ジャブを左グローブでストップし,続いて飛んでくる左を外して右カウンターを放つ。攻撃は右カウンターのみ。近距離はクリンチで凌ぐ。作戦は徹底していました。
パンチを放つ時にノーガードになるバレロの左ストレートは打ち出しは意外とコンパクトですが,「引き」は決して速くない。しかも左ボディストレートも多用するため,顔面が空いている時間が長い。カウンターを打ち込むチャンスはあります。しかし一瞬でもタイミングを間違えれば自らが怪物王者の左の餌食となるため,危険極まりない作戦ですが,この戦略を貫くだけの勇気と冷静さを36歳の挑戦者は持っていたと思います。
2回に初めて右カウンターを狙ったタイミングで当てた嶋田は,3回,4回と優位ともとれる内容に持ち込みますが,ここに落とし穴と王者の凄みが待っていました。4回終了間際,バレロの左に対して,迷わず右を放った嶋田ですが,強く,鋭く踏み込んできた王者に逆にボディに左ストレートをカウンターで突き刺されます。この一発で戦略遂行を可能にしていたフットワークが破壊される。挑戦者は最後まで右カウンターを打ち続けますが,7回,この右に王者の右フックを合わされジ・エンド。左手でロープを掴み,必死にダウンを拒んだ姿はこの試合にかける執念が伝わってきました。嶋田の戦い方はバレロ攻略の一端を示しましたが,よりプレッシャーを強め,よりパンチを出し,強引に試合を決めてしまったバレロを崩すのは容易いことではありません。

WBCバンタム級戦の挑戦者クリスチャン・ファッシオ(ウルグアイ)は長谷川穂積(真正)に挑むレベルになかった。様子見に終わった初回,長谷川は速い左ストレートを打ち込み,挑戦者の強引な仕掛けに牽制を与えると同時に,早くもウルグアイ人の攻撃パターンを見切りました。2回1分30秒過ぎ,リズムも立ち位置もまるでつかめないまま不用意に出てきたファッシオに左ストレートの打ち出しからフック気味にアジャストした左ショートカウンターを鮮やかに決めて最初のダウン。再開後に連打で決めてしまいました。文句なしの圧勝です。次戦は米国進出を望みます。相手は人気・知名度ともに抜群の元WBC二階級王者のホルヘ・アルセ(メキシコ)がベスト。勝てば一気に世界に名を広められますし,サウスポーへの対応のまずいアルセには確実に勝てると思います。

残念なのが今回の視聴率が7.7%という低い数字に終わったこと。長谷川の世界戦7試合の中で最低の数字です。同時間帯ではテレ東での巨人戦(7.5%)には僅差勝ったものの,反町ジャパンの親善試合(CX,10.3%)に負けるとは。早いラウンドでのKO決着は視聴率に結びつかないというボクシング中継の宿命ながらも,今後の地上波生中継の撤退につながらないことを願うばかりです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-22 23:18 | Box

ブレンド茶

最近,爽健美茶の期間限定版が出ると意味もなくよく飲んでいます。これは現在発売中のオリーブ葉茶入りブレンド「Ocean Breeze」です。
e0042386_201676.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2008-06-21 02:03 | Food