ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2009年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ゴールインマーク

コンビニのサンクスに行ったら「サークルKサンクス&グリコWAKUWAKUフェア」なるものが開催されており,対象のグリコ商品を二点買うとおまけを貰えたので,動物ビスケットのキティランドなどを買ってみました。おまけはゴールインマーク入りのクリアファイル。なかなか気に入っています。
e0042386_643318.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-31 06:44 | Others

IT'S ON

e0042386_14563268.jpg「WBA世界ウェルター級タイトルマッチ」(2009年1月24日・ステイプルズセンター)
王者:アントニオ・マルガリート(メキシコ)●TKO9回43秒○同級5位:シェーン・モズリー(米国)

リングサイドにはアーノルド・シュワルツェネッガーにシルベスタ・スタローン。レイカーズの本拠地・ステイプルズセンターに2万820人の観客を集めたビッグファイトでは信じられないようなシーンが待っていました。

ミゲール・コット(プエルトリコ)を粉砕して名実ともにウェルター級最強となったマルガリートが37歳のモズリーに敗れるということは,元三階級王者の過去の実績を振り返れば想像できないことではない。ただ,その結末に導くことが困難だったのには両者の現況に勢いの差がありすぎたからだ。
ワンサイドで迎えた8回,残り10秒を切ったところでモズリーの左フックがマルガリートの顔面を完璧に捕らえる。動きが止まりながらも倒れないマルガリートに右連打が叩き込まれる。両脚の力を失った王者が前方に崩れるシーンには人類の限界を見た気がした。その後,立ち上がったマルガリートにも,続行を許可したラウル・カイズ主審にも,9回に送り出したマルガリート陣営にも心底驚いたのだが。
結局,43秒余計に乱打に晒されマルガリートは陥落。敗戦の意外性でいえばフェリックス・トリニダード(プエルトリコ)がバーナード・ホプキンス(米国)に屈した01年9月29日,MSGでの三団体統一ミドル級戦に似たものがあり,マルガリートがダウンをしたという衝撃度でいえばフリオ・セサール・チャベス(メキシコ)がフランキー・ランドール(米国)のワンツーで後方に倒れた94年5月7日,MGMグランドでのWBC世界Jウェルター級戦に近いものがあった。
スピードで明確なアドバンテージのあるモズリーは初回に荒々しく仕掛けることで乱打戦を主戦場とするマルガリートのペースを乱すことに成功すると,この回終盤には右ボディのカウンターを入れて主導権を握る。以後,速い左ジャブを的確に当てながら,距離の詰まる左フックよりもオーバーハンド気味の右ストレートをカウンターで多用する。被弾覚悟で近づいてくるマルガリートに対してショートレンジでは巧みなクリンチで凌ぐ。ハンドスピードの速さ,射程距離の長さで自らのパンチだけが当たる距離で強振を繰り返し,一方的な展開に持ち込んだ。
この試合でもマルガリートのタフネスは驚異的だったが,その最大の武器を晒しながら見出そうとした突破口にはついに辿り着かなかった。逆転という可能性がほとんど消えた時点で,モズリーは左フックをようやく繰り出し,勝負を決める。“Sugar”というニックネームには程遠い華麗さの欠片もない残虐なボクシングで勝利をもぎ取った。

ただ,これでモズリーがウェルター級最強かと問われれば,そう簡単には言い切れない。この試合ではスピード差が勝負を分けた。しかし,例えばコットであれ,モズリーよりは速くなくともマルガリートほど遅くない選手と対峙した時,モズリーの勝利はこの試合のパフォーマンスをもってしても確証できない。相性というファクターがボクシングに及ぼす影響の大きさを改めて実感する一戦でもあった。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-30 22:27 | Box

最強ワル列伝

e0042386_1694168.jpgコンビに限定商品の漫画「最強ワル列伝」を買いました。「オール本人取材,知られざる武勇伝,秘話が明らかに」とありますが,ボクシングファンなら目新しい話は特にありません。この手の商品に総じていえることですが,漫画はかなり似ていなくて例えばレパード玉熊が「WBC世界フライ級王者」となっていたりと事実誤認も見られるのですが,ボクシング関連の書籍を出してくれるということで細かい点には目を瞑って歓迎します。

1「畑山隆則物語」青森の喧嘩小僧!華麗なる二階級制覇!
2「竹原慎二物語」広島の粗大ゴミ!打ち崩したミドルの壁!
3「薬師寺保栄物語」世界を極めた尾張の拳!鶏が鳳凰に化けた日!
4「渡嘉敷勝男物語」義理人情の侠!不撓不屈のベルト奪還劇!
5「ガッツ石松物語」元総番長が掴んだ夢!世界を奪った“幻の右”!
といった内容です。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-30 01:33 | Box

ついに逮捕者…お粗末,西日本ボクシング協会

みっともないにも程があります。

共同通信より
「西日本協会会長をジム経営者ら脅した疑い」
「西日本ボクシング協会」(大阪市浪速区)の金沢英雄会長(61)を脅し,会長権限を委任するという内容の書類を作らせたとして,大阪府警捜査四課などは28日,強要の疑いで,中外ボクシングジム(香川県坂出市)経営山本末広容疑者(64=同市)ら四人を逮捕した。
ほかに逮捕されたのは大星森垣ボクシングジム(大阪府枚方市)経営森垣武彦(76=枚方市)、ホワイトフォックスジム(兵庫県明石市)経営西林秀峰(40=神戸市垂水区),同ジム従業員長江あやの(32=垂水区)の三容疑者。
同課は,背景に協会の主導権争いなどのトラブルがあったとみて,実態解明を急ぐ。
調べでは,四人は協会の実権を握るため,会長の権限を山本容疑者に委任させようと計画。
昨年7月12日,大阪市内のホテル一室に金沢会長を呼び出し「委任するように書いてくれ」と怒鳴ったり,西林容疑者がはさみを自分の腹部に突き付けながら「腹を切ったる」と脅したりし,委任状を作らせた疑い。
四人とも「脅して書かせたものではない」と容疑を否認している。金沢会長が府警に相談した。
昨年11月に中外ボクシングジムが開催した大会の最高名誉顧問に指定暴力団山口組の直系組長が就いていたといい,同課は暴力団との関係も捜査する。(2009/01/28)

お家芸とでもいえようか,権力争いによる内輪揉めの絶えない西日本協会から加盟ジムの現役会長三人が逮捕されるという前代未聞の不祥事。もう西日本協会は消えてなくなれと言いたい。
金沢協会長も昨年,西林容疑者と共にフライデーにあることないこと暴露していたりもするし,かわいそうな被害者だと単純に同情できません。
腐り切った一部の人間が自らの利益のため,ボクシングの品位を貶めることに憤りを覚えます。
e0042386_6222865.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-29 06:24 | Box

坂田再起「復活します」

前WBA世界フライ級王者・坂田健史(協栄)が再起を表明しました。
e0042386_3244447.jpg

相当に悩み抜いた末に出した結論だったと思います。
キャリアのクライマックスとなるべき試合で何もできないままKO陥落。「このままじゃ終われない」という思いは痛いほど伝わってきます。
デンカオセーン・シンワンチャー(タイ)からの王座奪還に拘った場合,返り咲きは難しいと思いますが,勇気ある再起に拍手を贈りたいと思います。
よく言われることですが,チャンピオンは横綱とは異なります。その地位を失ってからの意地の見せ方でも生き様を表すことができます。悪夢を見た,ボクシングの怖さを知る元王者の再起ロードに興味を抱きます。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-28 04:57 | Box

自殺か?手島慶介が急死

26日午後に駆け巡ったショッキングなニュースです。

共同通信より
「競輪の手島慶介選手が死去 現役トップ級で活躍」
競輪の現役トップ級として活躍していた手島慶介選手が25日,死去した。33歳。群馬県出身。葬儀・告別式は28日正午から群馬県高崎市寺尾町1072,日典ラサ中山で。喪主は妻とし子さん。
群馬・前橋工高時代から自転車競技で活躍し,95年にプロデビュー。競輪最高クラスのS級S班選手として,昨年は12月末の「SSカップみのり」でG1競走に初優勝するなど,獲得賞金で6位となった。しかし,22日から小倉競輪場で開催された競輪祭(G1)など今年に入り,欠場が続いていた。(2009/01/26 22:09)

競輪祭の最終日が開催されていた25日,決勝に乗っていてもまったく不思議でない選手が命を絶っていました。不明とされている死因は複数関係者の証言から群馬・高崎市内の自宅で首を吊っての自殺だとみられているとのこと。
03年9月の一宮オールスター参加時に宿舎内への携帯電話持ち込み事件など“奇行”の少なくない選手ではあった。しかしこの一件で永久追放を免れ,一年間の謹慎を経ての復帰を許されると,以後は人が変わったかのように気迫の籠ったレースを続け,現在は18人しかいないS級S班の座を勝ち取っていた。昨年は高崎市内に饂飩屋「葵屋」を開業するなど競輪以外でも意欲的に活動しているように見えたものだったが。
G1・1勝,G2・3勝。バンクに魂を捧げた手島慶介選手の御冥福をお祈りします。
e0042386_15294634.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-27 03:40 | Keirin

第三の王者

世界戦と呼ぶには恥ずかしいカードが大阪・心斎橋の日航ホテル大阪で大々的に発表されましたよ。
e0042386_3114416.jpg
「WBA世界Sフライ級タイトルマッチ」(2009年4月11日・大阪府立体育会館第一競技場)
王者:名城信男(六島)×同級10位:冨山浩之介(ワタナベ)

最初に耳にした時,嘘だろと思ったが,まさか本当に決行されるとは呆れてしまったね。これほどファンを馬鹿にしているカードもない。
そもそもこのタイトルには,スーパー王者(Undisputed Champion)としてビック・ダルチニアン(豪州)が,暫定王者(Interim Champion)としてホルヘ・アルセ(メキシコ)が存在する。つまりWorld Championの名城を入れて三人の世界王者が君臨するという出鱈目この上ない王座なのだが,ダルチニアンとアルセは2月7日にアナハイムで王座統一戦を計画。相手にされていない名城陣営は独自に防衛戦を行っていくしかないのだが,せめて世界戦の名に相応しい挑戦者くらい選べっていうんだよ。なんだよ,冨山って。
昨年6月7日に同門の河野公平が返上した東洋太平洋同級王座をノラシン・ギャットプラサンチャイ(タイ)と争い,疑問のつく判定で戴冠した冨山は昨年12月23日発表のWBAランキングで10位に初登場。東洋王座決定戦前には冨山が決定戦に出場できるようにランキングの操作が行われたとの指摘もあった。9月20日の初防衛戦で相澤国之(三迫)をワンサイドの12回TKOで退けて少しは持ち直したが,評価は極めて低く,何かと悪いイメージがつきまとう。それにこんな安易な国内対決なんて誰が見たい。
しかし情けないのは不相応に世界戦に打って出る冨山よりも,このような挑戦者を選ぶ名城陣営だ。事あるごとに「海外進出」や「アルセと統一戦」やらぶち上げているが,言ってることとやってることがまるで対極だ。「日本人の挑戦者を選ぶ」と公言して本当に日本人挑戦者しか選ばない内藤陣営の宮田会長の方がまだマシに思える。マルティン・カスティージョ(メキシコ)から王座を奪うまでのリスクを恐れない強気のマッチメークはどこに消えた。これでは亀田と同じ路線ではないか。
どちらの選手も応援する気にならんし,セミファイナルには女子の世界戦。おれは女子ボクシングにはまったく興味がないので,本当にどうでもいいです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-26 15:33 | Box

勝つのは,誰だ。勝利とは,何だ。

e0042386_3341341.jpg
「G1・第50回競輪祭競輪王決定戦」(2009年1月25日・北九州メディアドーム)
車番 選  手  所属  脚質
1  井上昌己  長崎  逃
2  山田裕仁  岐阜  両
3  伏見俊昭  福島  逃
4  坂上樹大  石川  両
5  飯嶋則之  栃木  追
6  山内卓也  愛知  追
7  北都留翼  福岡  逃
8  小野俊之  大分  追
9  山崎芳仁  福島  逃
想定周回:93・264・7(15)8

九州,中部,東日本ときれいに分かれての三分戦かと思いきや,関東単騎の飯嶋が「先行するのは北都留。福島の三番手では優勝はない」という番手選手として至極当然な主張から北都留の番手競りを宣言。近年の選手には珍しいくらい潔いし,これで俄然おもしろくなった。
競り込まれるのは昨年度賞金王で競輪祭連覇を狙う井上。ヨコの強さでは“本職”の飯嶋には適わないが,踏み出し勝負となれば井上有利か。
北都留がダッシュ力を活かして出切ってしまえば,後位は競り。山田天皇が中団を確保することで8番手に置かれる山崎は小倉の高速バンクでは巻き返しが効かない。地元の星の豪快な逃げ切りを期待する。
7=2,7−1,7−8

競輪の新CMが始まりましたね。競輪に興味がある人でなければ,前作との違いに気づかないようなものですが,今回の出演者とその人物設定はなかなかおもしろい。1番車の長塚智広に「株のトレーダー」役をやらせたのには笑ってしまいましたし,9番車の滝澤先生は「酪農家」でも風格がある。しかし,6番車・玉木勝実のタクシー運転手はこれ以上ないほど違和感がないですな。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-25 04:00 | Keirin

イーグル復帰?

23日,東京ドームホテルで行われたボクシング年間表彰式の記事で気になったもの。
e0042386_1625468.jpg
時事通信ドットコムより
「まだ引退していない」
日本を拠点に活躍したWBCミニマム級チャンピオンのイーグル・デーン・ジュンラパンさん(タイ)が23日,東京都内での2008年プロ・アマチュア優秀選手の表彰式に出席した。
昨年9月にジムが引退届を提出し,功労者として特別賞を受賞。だが,本人は「まだ引退していない。体と心が整えば,また日本でやりたい」と再起に意欲を見せて周囲を驚かせた。
もっとも,所属していた角海老宝石ジムの鈴木真吾会長は「もう十分やった」と苦笑い。電撃的なリング復帰の現実味は薄いか。(2009/01/23-16:02)

確かにイーグルの引退はもったいなかったなと思ったりしていたら,「3月8日,バンコク」と辰吉丈一郎の復帰第二戦報道があったりしてこれまた複雑です。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-24 16:05 | Box

いちばん桜

雨がやみ,少し暖かくなってきたような感じもします。今日は給料日なので散財してこようと思います。
e0042386_145890.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-01-23 14:05 | Food