ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

特急南風一号

e0042386_713113.jpg

とりあえず岡山に着きました。
ここで最初の乗り換えなのですが、濃霧のため早くも遅れが生じ、次の乗り換えに間に合うか微妙になってきました。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-28 07:13

地平線への道程

これから少しの間、出かけてきます。
前日27日は休みだったのですが、朝6時就寝、8時起床という荒行で、出かけるための準備をいろいろとしていました。そして18時頃には早くも力尽きて寝てしまいました。
そのまま10時間くらい寝ているのが理想だったのですが、23時頃目が覚めてしまいました。今朝6時には必ず出発する必要があるため、もう一度寝るのは危険との判断で、そのまま寝ずにだらだらと過ごしています。本日昼間にひと仕事こなさなければならないのですが、ちょうどそのころ眠気のピークに包まれそうな悪いサイクルです。
移動のお供にと昨日、U2の新作「NO LINE ON THE HORIZON」を買ってきました。
e0042386_4501515.jpg
さらには若松孝二の「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」のDVDも発売されていたので、一緒に購入しました。
e0042386_450556.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-28 05:00 | Music

王様Tシャツ

WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積選手の防衛戦では恒例となる“挑発Tシャツ”が公開されました。ブランド・BOXERとのコラボによるこの企画も第6弾。毎回、挑戦者の国旗のカラーで構成され、その母国語で挑発的なメッセージを記しています。今回の挑戦者は南アフリカ最大民族のズールー族の末裔です。
e0042386_16455528.jpg
V8戦:ブシ・マリンガ(南アフリカ)
ズールー語で「こんにちは!おれが王様だ。おれが最強だ」
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-27 16:48 | Box

社会人たる者

持ち歩くべきものがない、行き帰りに買いものをしない、雨が多い、などと小さな理由がいくつか重なり、このところカバンを持たずに手ぶらで出勤していたのですが、冷静に考えてみて、社会人たる者としてそれもどうかと。
そんなわけでバッグを買ってみました。ジョニオ氏のブログでも紹介されているUNDERCOVERの“WE MAKE NOISE NOT CLOTHES”BACK PACKです。灰、緑、茶、黒の四色展開で、実物を見てグレーとどちらにするか迷いましたが、結局黒色を選択。ボトムはレザーが使われるなど細かい主張も十分です。結構デカくて、二泊くらいの旅行にも間に合います。まあ、通勤鞄と言い張るには無理がありますが。
e0042386_5435549.jpg
e0042386_548261.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-26 05:53 | Fashion

GRACE“RED SIGNAL”

2月20日に発売になった「フィガロジャポン」の最新号を購入してきました。「フィガロジャポン」を買うのは初めてです。もっとも、雑誌本体はほとんど読まずにもう捨てましたが。
目的が特別付録のアンダーカバー写真集「GRACE“RED SIGNAL”」であることは言うまでもありません。おれの利用する近所の大型書店ではUのトートバックもおまけで付いていました。これで550円なので言うことありません。
e0042386_16123817.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-25 05:01 | Fashion

Guillermo Rigondeaux

「共同通信」より
 2000年のシドニー五輪と04年のアテネ五輪のボクシング・バンタム級で金メダルを獲得したキューバのギジェルモ・リゴンドウ(28)が、23日までに米国でドイツの興行会社と契約した。今後、マイアミでトレーニングするという。ロイター通信が伝えた。事実上の亡命とみられる。
 社会主義国キューバでは、豊かな暮らしを求める有力スポーツ選手の亡命が相次いでいる。
 ロイター通信によると、同選手は07年にもブラジルで亡命騒ぎを起こしており、昨年の北京五輪の代表には選ばれなかった。【ハバナ23日共同】

07年7月のリオデジャネイロでの亡命失敗で選手生命が絶たれたともみられていたギジェルモ・リゴンドウが再びキューバを出国し、向かったマイアミで、ハンブルクに本拠を置くアフメト・オネル率いるアリーナ・ボックス・プロモーションとサインを交わしたようです。アリーナ・ボックス・プロモーションでも契約締結を発表しています。“21世紀最高のボクサー”とも称される才能がついにプロのリングで見られることになりそうです。
アリーナ・ボックス・プロモーションではユリオルキス・ガンボア、エリスランディ・ラーラらキューバからの亡命組が順調にプロキャリアを積んでいますし、間違いなくプロ向きのスタイルであるリゴンドウへの期待は相当なものでしょう。
一度は諦めた才能の輝きを楽しみに待ちます。
e0042386_1403295.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-24 14:54 | Box

日テレ撤退

時事ドットコムより
「プロレス中継を終了 55年の歴史に幕 日本テレビ」
 日本テレビの久保伸太郎社長は23日の定例記者会見で、開局直後から55年間にわたって続けてきた全国ネットのプロレス中継を今春で打ち切ることを明らかにした。CSの有料放送「日テレG+」では引き続き放送する。(2009/02/23-20:21)

昨年12月17日付のデイリーと日刊が報じていた日テレの「ノア」打ち切りが正式決定。
今更、プロレスなんぞ興味ないので然したる驚きもショックもないのだけど、視聴率を含めたコンテンツとしての魅力という点では差のないボクシングの定期放送が何時同じ運命を辿っても不思議ではないので、人ごとだとばかり言ってられません。
日テレの存在自体好きではないし、ボクシング中継にもセンスはありませんが、国内最大のジムとの関係もあって、今現在、純粋なボクシングを地上波で放送する唯一の局であることも事実です。それには直接の恩恵を受けない関西在住のボクシングファンであっても、感謝しているのです。
これからもがんばってください。
e0042386_4561530.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-24 05:00 | Others

ピン球

スタジアム内に福引が設置されていまして、J:COMにメール登録をすると参加できるとのことだったので試してみたところ、ピンクの球が出てきました。係のおねえさんから「おめでとうございます!」と鐘を鳴らされたので、スパイクでも当たったかと思ったのですが、「当日限定のクリアファイルです!」と笑顔で渡されました。いや、うれしいです。
e0042386_823269.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-23 08:23 | Football

モリシ・メモリアルマッチ

「Jリーグプレシーズンマッチ J:COM CUP 大阪ダービー2009 モリシ・メモリアルマッチ、セレッソ大阪1−0ガンバ大阪」(2009年2月22日@長居スタジアム)
e0042386_22485272.jpg
モリシ引退試合に行ってきました。モリシは87分にこの試合唯一のゴールを決めた香川真司に代わって登場。継承された背番号「8」から元祖背番号「8」へのリレーでした。同時にゲスト参加の名波浩もセレッソの背番号「16」ユニフォームを着て、乾貴士に代わって出場。2分前にカイオに代わってトップに入っていた西澤明訓とのスリーショットが僅かな時間ながら実現しました。後半終了間際になって降り出した雨が恨めしいところでしたが、心の底から拍手を送りました。
e0042386_2258281.jpg
モリシ・メモリアル・グッズの売り切れを警戒して早い時間に長居に向かいましたが、欲しかった限定タオルマフラーを無事に捕獲することができました。
e0042386_23124100.jpg
場内では熱心なサポーターに折り紙を渡され、紙飛行機をつくるよう指示されました。モリシの挨拶時に飛ばすとのことで、「それはすばらしい!」と協力したのですが、生憎の雨のため演出を彩ることが適わず、かなり不時着が目立ちました。
e0042386_2342729.jpg
肝心の試合はセレッソの完勝。
ガンバには興味がないので詳しいことはいえませんが、レギュラークラスで出場していなかったのはレアンドロ、加地、二川くらいでは。
対するセレッソはベスト布陣。カイオの1トップ、香川&乾のWトップ下が脅威を与えます。セレッソは今年の昇格候補ナンバー1でしょう。
怖いのは選手の離脱。仮にカイオが負傷等で離脱した場合は西澤がいますが、二人同時起用が前提のフォーメーションで香川&乾の離脱が重なった場合が正念場です。この試合の乾のプレーを見る限り、代表に再招集されても不思議ではありません。

しかし大阪ダービーがプレマッチでしか開催できないということも残念ですな。もっとも、ガンバサイドは応援団すらおらず「大阪ダービー?だから何?」みたいな雰囲気。セレッソを相手にしてないようで嫌な感じです。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-22 23:18 | Football

ジョニー・ゴンサレス

帝拳ジムホームページ「TEIKEN.COM」より
「西岡vsゴンサレス、入札!」
 WBC世界S・バンタム級王者 西岡利晃(帝拳)と挑戦者ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)の指名試合の入札が20日に行われ、プエブロ・プロモーションが、45万2000ドル(約4290万円)で興行権を落札した。
 配分は、西岡が31万6000ドル、ゴンサレスが13万6000ドル。試合は5月に行われる予定。

知らないうちに入札に持ち込まれていた西岡のV2戦。
入札ではプエブロプロモーションが452,000ドル、帝拳プロモーションが402,000ドル、GBPことゴールデンボーイプロモーションが186,000ドルという結果となり、挑戦者陣営が興行権を獲得したそうです。
というわけで、メキシコ開催が濃厚となりました。
しかし帝拳はなぜ入札で勝ちにいかなかったのでしょう。ジョニゴンは強豪ですが、攻略できない相手ではありません。どう考えても日本でやる方が勝算はあるでしょうに。てゆーか、このカード、生観戦したかったので残念ですよ。
まあ、大金を払ってまで難敵を日本に呼んだところでマニア以外は必要以上に興味を示さないし、負けるリスクも背負うことを承知の帝拳としては、潔く敵地に乗り込み、陥落した場合でも、長谷川の階級アップ&二階級制覇という構想くらいは用意していることでしょう。
e0042386_23251935.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-02-21 23:27 | Box