ブログトップ

山猿

cdghare.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

LETAL COMBINACION

「WBC世界Sバンタム級タイトルマッチ」(2009年5月23日@モンテレー・アリーナ)
王者:西岡利晃(帝拳)○TKO3回1分20秒●同級2位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
e0042386_8224668.jpg
これは歴史的快挙だ。
西岡利晃が遥々メキシコに乗り込み、当地のスター選手、元WBO世界バンタム級王者ジョニー・ゴンサレスに失神KO勝ち。指名試合での海外防衛を成し遂げた。
初回にダウンを奪われながらも、3回に左ストレート一撃での逆転TKO勝ち。入場時、西岡に容赦のないブーイングを投げかけた1万2000の大観衆が一瞬にして静まりかえるコールド・ノックアウト。そして最終的には万雷の拍手に変わる。世界で戦える日本人ボクサーがいることを堂々と証明した近年の日本ボクシング界における最も価値ある勝利だ。

フィニッシュは右ジャブを軽く見せながら右に大きく踏み込み、対角上に一直線に持っていく伸びのある左ストレート。顎を撃ち抜かれたゴンサレスの体が一瞬浮き、硬直して後方に吹っ飛んだ。昨年4月19日の後楽園ホールでヘスス・ガルシア(メキシコ)を同じ3回に倒したのと同パターンで、西岡特有の左ストレートだ。失神していたゴンサレスはケニー・ベイレス主審のカウントに本能的に反応し、カウント7あたりでふらふらと立ち上がってきたが、もちろんストップ。というかノーカウントで止めて当然というダウンシーンだった。
研ぎすまされた技巧が計算し尽くされた中で放たれた。西岡は初回から左を浅く打ち続け、長い間合を持つゴンサレスに届かないパンチだと錯覚させた。時にはボディに伸ばす。フィニッシュの一撃も一瞬、ボディに打つのかというモーションを入れており、反応の遅れたゴンサレスはパンチの伸びにも対応できず失神した。元々右に動いて左ストレートを打つことは得意としていたが、02年に左足アキレス腱を断裂して軽やかなフットワークを失って以降、無駄のないポジション取りに神経を使う戦い方をするようになり、このパンチの重要性は増している。左足の蹴りから体重の乗った拳が一直線に顔面を射抜くパンチも上質そのもの。すばらしいKO劇だった。戦いを終わらせるプロセスは、マニー・パッキャオがリッキー・ハットンを倒したそれと重なるというのは言い過ぎか。

KOシーンばかりに目がいくが、試合内容でもジョニゴンを上回っていた。初回終盤に警戒する左ロングフックを外したところに右ストレートを打ち込まれて尻餅をつくダウンを喫したが、危なかったのはこの場面だけ。多彩なコンビネーションで攻めてくるゴンサレスのパンチを見切ったかのようにボディワークで外しながらも右のガードは常に高く保たれている。ディフェンス力の高さは際立っていた。現地の放送では2回はゴンサレスにポイントを与えていたが、明らかに西岡がペースを握ったラウンドに思えた。初回の失点を挽回して判定でも勝てるという予兆はあった。

しかし誰がこのような結末を予想した。
おれは西岡のファンなので勝ってほしい、勝ってくれると思いながらも、悲観的な結末を捨てきれずにいた。これは国内開催だったとしても同じだっただろう。そもそも、その気になれば入札で負けるわけのない帝拳陣営が興行権を獲得しなかったのは、日本で開催したところで勝てるという計算が働かなかったからに決まっている。
4度の挑戦失敗、決定戦での王座獲得という流れから世界王者であることに疑問を抱く声をこの一試合で一蹴するとともに、一夜にしてラスベガスのリングに最も近い日本人ボクサーとなった。

衝撃冷めやらぬ試合後のリング上での勝利者インタビュー。
メキシコのレポーターに「まだマルケスがいるが、またメキシコで防衛戦がしたいか?」と問われると、きっぱり返した。

「おれはチャンピオンだから誰とでも戦う」

実に説得力のある言葉だ。
自国のスター選手が倒されて余程悔しかったのか、レポーターはこれを観衆・視聴者に伝えなかったが、痛快だった。
おれもそうだが、日本王者になる前からの西岡のファンというのは、四度の世界挑戦に失敗し、アキレス腱断裂という致命的な負傷を乗り越えて世界の頂点に立った諦めない姿や不屈の闘志に惹かれたわけではない。
リングの中での、天才的な左ストレートのキレと、自信に満ちあふれたその佇まいに希望を抱いたのだ。いつしか忘れていた希望が10年の時を経てメキシコ、モンテレーの地で再び輝き出すとは。西岡利晃は確かに伝説を生み出した。
e0042386_8234488.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-31 08:34 | Box

生きる伝説と呼ばれた男

ボクシングで視聴率を稼ぐことに味を占めたTBSが昨日の「金スマ」という番組で、1994年12月4日、名古屋市南区の名古屋市総合体育館レインボーホール(現・日本ガイシホール)で行われた「WBC世界バンタム級王座統一戦・薬師寺保栄vs辰吉丈一郎」を長時間に渡り特集していました。辰吉本人も出演してROOKIESとともに試合を振り返っていました。
e0042386_1791910.jpg
「ほぼノーカット」とは言い過ぎでも、入場シーンから判定が出るまでを当時の実況で、試合の流れを把握できるくらいの部分は流れました。辰吉のプロ二戦目の相手を元世界王者とする事実誤認があったり、最終ラウンドのラストで変な歌が挿入されたりしたのはいただけませんでしたが、15年前の試合をこれほど取り上げてくれたことはボクシングファンとして感謝すべきと思います。何回も見ている試合なので、新たな発見などはありませんが、久々に見入ってしまいました。
まあ、TBSとしては薬師寺には興味がなく、本当なら辰吉の一代記でもやりたかったのでしょうが、辰吉の試合の大半の放映権が日テレにあるため、唯一保持する世界戦(系列局のCBC)を最大限に利用してこういう形になったのでしょう。次週に続くそうですが、次回はバンコクでのサーカイ戦が中心になるのでしょうか。

「薬師寺×辰吉」については94年の社会的記憶として最も印象に残っている出来事です。元々、おれは辰吉ファンでしたが、この時は試合前の発言があまりに度が過ぎていて薬師寺を応援していました。なお、現在の辰吉にはまったく興味がありません。
この試合は薬師寺のベストファイトですね。5度のダウンを奪って返り討ちにした前王者・辺丁一(韓国)との第二戦でのパンチの切れも忘れられませんが、異様な雰囲気での一戦で圧倒的不利を囁かれながらも、淡々と自らの戦略を貫き通したこの試合に薬師寺のボクサーとしての真骨頂が表れていると思います。
辰吉については岡部繁戦やレイ・パショネス戦を特にマニアな方々はベストファイトに挙げることが多いですが、おれは全然違っていてラバナレス第二戦。勝利の代償として網膜剥離を負った試合だけに、賛同する人は少ないですが、岡部戦やパショネス戦、そしてリチャードソン戦のボクシングをできる選手はいても、ラバナレス第二戦でのボクシングは辰吉にしかできない生き様そのものだったと思っています。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-30 17:18 | Box

守り続けた国民の期待…

「WBC世界フライ級タイトルマッチ」(2009年5月26日@ディファ有明)
王者:内藤大助(宮田)○判定3−0●同級10位:熊朝忠(中国)
e0042386_113434.jpg
世界レベルの実力はないと思われた中国人挑戦者にダウンを奪われた上に、何度も効かされながらキャリアで凌いだ王者がジャッジ3者の支持を得て5度目の防衛に成功。試合直前に上海から東京に開催地が国をまたいで変更するという前代未聞のトラブルに加えて、試合内容もお粗末だった。
6回に内藤がダウン。偶然のバッティングによる相手側の出血により熊が4回と5回、内藤が10回にそれぞれ減点1点。

おれの採点では113−111で内藤。判定が不当だとは思わない。相手にパンチを打ち込み、ダメージを与えることでしかジャッジに訴えることができない前時代的な挑戦者のボクシングに対し、内藤は効いている場面以外での失点がなかった。まったく見せ場はなかったが、時間は支配したというところか。キャリアの差による勝利だ。しかし、なぜジャッジに日本人がいるのだろう。

それにしてもフラフラでしたな。20時30分に中継(ディレイ)が始まった時点で、おれは内藤の判定勝ちという結果を知っていたので、亀田大毅戦的な展開を思い描いていたのだが、技術的には当時の亀田大毅よりも劣る熊にこれほど押し込まれるとは想像していなかった。6回には右フックを避けきれず派手にダウン。8回、11回にもダウン寸前に追い込まれた。8回以降はよく最後まで持ったなというのが正直な感想だ。
TBSの中継は言うまでもなく最悪。「DREAM」とセットで放送するというだけで論外ですが。おれは長時間の前振りは「嫌なら見なきゃいい」と思うだけで、これに対しては寛容なのだが、では何故、これだけ時間があるにも関わらず入場シーンも国歌斉唱も流さないのかと頭にくる。ヴァン・ヘイレンを流しまくるのも鬱陶しい。

台湾を除く中国初の世界挑戦者・熊は健闘した。
150センチの小柄ながら、分厚い上半身と太い腕から繰り出されるパンチはなかなかパワフル。もっとも、その種類はスイング気味に振り上げる左右フック、それも直後に放送されていた横浜アリーナでの総合格闘技の選手が打つようなすべてが同じ軌道のものに限られる。また、パンチ力以上に驚かされたのが、そのタフネス。死角から飛んでくる内藤の右フックを幾度となくまともに喰らいながらも平然としていた。確かに首も太いが異常な打たれ強さだった。
3回終了まで残り10秒を知らせる拍子木をゴングと間違え、コーナーに帰りかかったところを後ろから“不意打ち”されたが、ここでもトラブルに陥ることはなかった。ルール上問題ないとはいえ、背を向けた無防備な相手に打ち込んだのは内藤の余裕のなさの表れだったか。このシーン、TBSのアナウンサーは「挑戦者は世界戦に慣れていません」と伝えていたがアホか。世界戦だから拍子木が鳴るわけじゃあるまいし。
熊はLフライ、ミニマムで戦えば、その特長がより活きる。まだまだ世界王者を誕生させる段階には至っていないが、中国プロボクシング史に意味のある一歩を刻んだ。

そしてV5王者・内藤。スピード、耐久力、反射神経での衰えがはっきり出た。年齢的に当然なのだが。WBCから90日以内での対戦指令が出ている暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との統一戦をすんなり受けるのか知ったこっちゃないが、相手に関わらず、V6は厳しいように思う。
「亀田」へのアンチテーゼとしての役割は完全に終えた内藤に今、求められるのはファン無視のマッチメイクよりも、王者として相応しい散り際にあると思う。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-29 11:05 | Box

1Q84

本日、購入しました。チャンピオンズリーグ・ファイナルを見ていたので寝不足ですが、これから読みます。
e0042386_17385139.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-28 17:36 | Others

アウェーの洗礼

「WBA世界フライ級タイトルマッチ」(2009年5月26日@ウタラディット中央運動場)
王者:デンカオセーン・クラティンデーンジム(タイ)○判定2−1●同級12位:久高寛之(仲里ATSUMI)
e0042386_17264437.jpg
同日、東京で行われたWBC同級王座戦での王者・内藤大助のデキも酷かったが、タイ北部で初防衛戦に臨んだデンカオセーンも絶不調で辛うじて防衛しています。計量での体重超過疑惑から始まって、タイで開催される世界戦では極めて珍しいスプリットの判定。挑戦者陣営とすれば日本で挑戦できていたらという思いでしょう。久高は昨年7月30日、代々木第一での坂田健史への0−3判定負けに続き、二度目の世界挑戦にも失敗。
スコアは115−112(スタンレー・クリストドーロー、南ア)、116−112(柳完洙、韓国)、114−115(シルベストレ・アバインザ、比国)。
デンカオセーンは8回にラビットパンチで減点1。5回に久高の右が当たり、王者がキャンバスに両手をついていますが、スリップの裁定となっています。
フライ級の両団体の王者がこのような内容の悪い試合をすると、またどこかから「次はいよいよ俺の番や」とか挑戦の名乗りだけ挙げる選手が出てきそうで嫌です。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-27 17:34 | Box

バーナード・ダン

「WBA世界Sバンタム級タイトルマッチ」(2009年3月21日@The O2)
王者:リカルド・コルドバ(パナマ)●TKO11回2分59秒○同級12位:バーナード・ダン(アイルランド)
e0042386_16304198.jpg
国を背負って戦場に向かった戦士そのものでした。
かっこいいぜ、バーナード・ダン!
両者合わせてダウン6度。倒し、倒されの大激闘。大逆転劇。顔面を血で染めた新王者がシャムロックを思わせるグリーンのグローブを突き上げて叫ぶ。超満員のThe O2を熱狂が包んだ。まさにアイルランドの英雄だ。
ダンの試合を初めて放送したWOWOWも「Carmina Burana」から「The Irish Rover」に続く入場シーンまで入れてくれれば言うことなかったのだが。

それにしても凄まじいまでのダンの人気。
勇敢なアイリッシュが長身・技巧派のパナマ人王者に打ち勝つというと、バリー・マクギガンがエウセビオ・ペドロサの20度目の防衛を阻んだ85年6月8日、ロンドン、ロフタス・ロードでのWBA世界フェザー級戦を抜きには語れないが、なるほど、マクギガンといい、ダンといいアイリッシュの熱狂を呼ぶボクサーには通じるものがある。

長身サウスポーの“Maestrito”コルドバはリーチにも恵まれ、肩を入れて放つ右ジャブは伸びる。フック主体のコンビネーションも滑らかに続く。対する挑戦者は左ガードが悪く、打たれることを厭わないタイプだけに序盤から被弾は多い。ただ、攻撃面ではパンチの無駄打ち、大振りがほとんどなく、コルドバのロングフックを殺す、踏み込みの潔さもある。
3回、劣勢のダンがコルドバの右ジャブの引き際に左ショートフックを合わせて先制のダウンを奪う。後方に大きく崩れたこの王者、打たれ強くはない。
しかし、4回にダンは左目上から流血して掴みかけた主導権を手放すと、5回には右フックで効かされ、2度ダウンを喫する。辛うじてこのラウンドを乗り切るが、以後も左ガードに改善は見られず、王者の左ストレートからの返しの右フックを痛打される。右目上もカットした10回にはボディでも効かされ、もはやここまでかと思われた。
そして迎えた11回、倒しにかかる王者に、ポイントでの挽回の効かない挑戦者も真っ向から打ち合う。倒すには左フックしかないと覚悟を決めたかのように踏み込み、1分50秒過ぎにそのパンチで倒す。再開直後、再び左フックでダウンを追加すると、ラストも左フック。2分59秒、信じられないような逆転劇を起こした。

あまりに打たせるため長期政権は望めない新王者のダンだが、名勝負をもたらしてくれる予感はある。打たれても退かぬ勇気がある。ダウンをしても回復は早い。少々の劣勢くらいは乗り切ってしまうファイティングスピリットを持ち合せている。
現時点で、長谷川穂積と対戦させたい選手ナンバー1に一気に浮上した。ダブリンは、今回と同じThe O2での実現を望みたい。
e0042386_16305766.jpg
e0042386_16311847.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-26 16:34 | Box

WOWOW待ちの人は見ないでください

e0042386_255123.jpg
25日20時からのWOWOW「Excite Match」が楽しみで仕方なく、できることなら結果を知らずに放送に臨みたかったですが、状況的に無理なので見てきました。解説はあのチャベスです!「YouTube 1」、「YouTube 2」、「Veoh」。
e0042386_26395.jpg
かっこ良すぎるぜ!
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-25 02:06 | Box

上海じゃなくて有明

共同通信「47NEWS」より
「内藤、上海での防衛戦中止 26日に東京で代替開催」
 上海で26日に行う予定だった世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオン、内藤大助選手(34)=宮田=の5度目の防衛戦が中止となったことが23日、分かった。興行をめぐり、宮田ジムと挑戦者側で交渉を詰め切れなかったためとみられ、26日に東京で代替開催する。挑戦者は同級10位の熊朝忠選手(26)=中国=で変わらない。
 日本ボクシングコミッションの安河内剛事務局長は上海開催が実現しなかった理由を「プロモーターの問題」と話した。
 内藤選手にとって海外で初めての防衛戦は、中国進出を目指すWBCの強い意向で決定。24日に日本を出発し、25日には上海で調印式と前日計量に臨むことになっていた。(2009/05/24 00:55)

お粗末というより不愉快ですね。TBSが絡むと碌なことがありません。内藤のV5戦が試合3日前にして、開催地が上海・盧湾体育館から東京・ディファ有明に変更になりました。試合会場や挑戦者のビザなどクリアしないといけない問題があるにも関わらず、あっさり代替開催が決まってしまうということにも、少々不信感を抱きます。
果たして、テレビに穴を空けなければ、それでいいのか。現地観戦を予定していたファンのことをプロモーターのMGプロモーション(宮田ジム)はどう考えているのでしょうか。
この試合が世界戦として唯一意味を持っていた中国開催という要素も失ってしまいました。指名試合を回避し、暫定王座を作られ、挙げ句はこのザマです。中国がダメになったから横浜アリーナのリングを貸してもらおうという行動を起こさなかったことだけは良心と見るべきなのでしょうか。単なる失態なのか、もしくは謀られたのか、それとも最初から計算尽くなのか。宮田ジムは本日24日に会見を行うとのことですが、こんなくだらん話題で「西岡vsジョニゴン」の邪魔をしないでおくれ。
e0042386_7131961.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-24 07:00 | Box

モンテレー決戦前夜

「WBC世界Sバンタム級タイトルマッチ」(2009年5月23日@モンテレー・アリーナ)
王者:西岡利晃(帝拳)vs同級2位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
e0042386_16482845.jpg
両者、リミット一杯の122ポンドで計量をパス。日本時間24日、大注目の一戦がいよいよゴングです。できれば月曜日のWOWOW放送まで結果を知らずに過ごしたいのですが、難しいと思います。

西岡、いい表情していますね。メキシコでは滅多に外に出てこない日本人ボクサーがベルトとともに乗り込んできたということで驚かれているそうですが、強豪・ジョニゴンを斬って、さらに衝撃を与えてほしいと思います。

また、計量の行われた22日、米国・マイアミビーチのフォンテンブローホテルで、シドニー&アテネ五輪バンタム級金メダリストのギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)のプロデビュー戦が行われています。122ポンドでリングに上がり、ファン・ノリエガ(米国)に3回1分9秒TKO勝ち。期待の新鋭に対しては焦らずじっくりとなどと言われますが、この天才に限っては一日も早く世界戦線に絡ませてほしい。ユリオルキス・ガンボア以上の衝撃をもたらしてくれることを期待します。
[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-23 16:45 | Box

キリン王国

生茶を買ったらおまけでディズニーのグラスが付いてきました。実は結構、ミッキーたちのファンです。
e0042386_1472191.jpg

[PR]
by the_leaping_hare | 2009-05-22 14:09 | Others